Haandarbejdets Fremme

ハロウィーンが近くなったので…

Img_1862
10月も中旬にさしかかって、ようやく自信を持って「秋」と言える気候になりました。
ハナミズキも華やかに装っています。

ハロウィーンが近くなったので、クロスステッチの額を入れ替えました。

Pa080158_3
7月に刺し終わっていたBirds of a Featherの"All Hallow's Night"をようやく額装。

Img_1791_2
こんな感じで壁にかけました。
フレメの鳥さんはずっとレギュラー。

Img_1795
The Prairie Schoolerの小さな額も玄関に。

Img_1793
飾り棚には秋らしく、福田利之さんのキノコ絵のポストカードを。


ブログの放置状態が続いてしまっていますが、
よかったらこちらも見てくださいね。

秋の使者

東京は向こう1週間は真夏日が続くようです。
残暑厳し~い!(> <)

でも確実に季節は動いていて、最近小鳥たちが異種混合の群れ、
混群をつくって庭に来るようになりました。
イモムシがいっぱい住んでいるネムノキは大人気♪

Photo1
エナガ
ネムノキの豆も随分大きくなりました。

Photo2
シジュウカラ

他にメジロも一緒に行動していました。
小さなキツツキ、コゲラが混じることもあります。
彼らが来ると、あちこちの木の枝がワサワサと揺れ、
いろんな声が聞こえてとってもにぎやか(^ ^)

そして、我が家の堆肥場に異変が…Σ(;・∀・)

Photo3
大きな白いキノコがたくさん生えていました。
こんなこと初めて。

Photo4
図鑑で調べたところ、シロオニタケか、それに近い仲間かと。
残念ながら毒キノコです。

去年までなら、庭に変なキノコが生えたのも笑い話になったけど、
今年は色々考えてしまいます。
落ち葉やキノコは放射性物質を溜めやすいのだそう。
この辺りは線量の高い地域ではないけれど、
うちの腐葉土は汚染されていないのか。
これから収穫の時期を迎えるシイタケは、食べても大丈夫なのか。
来年の春の筍は…。
自分では確認のしようがないのがもどかしいです。


        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


さて、気を取り直して…。

フレメの鳥さんたちが、額に収まりました♪

Photo5
Photo6
"Waxwing" & "Chaffinch" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme


それと、最近買った物をご紹介。

Photo7
Carriage House Samplingsの新作と、
Prairie Schoolerのミニカードコレクション。
PSの新作をリアルタイムで買い始めたのは去年のことなので、
古いカードをまとめて買えるのはうれしいです(^ ^)

Photo8
ずっと品切れだったIsabelleさんの本も、
やっと購入することができました。
そして、フランスのステッチ雑誌 "Creation Point de Croix"の
去年のクリスマス号。

どれも眺めるだけでワクワクしてしまいます。
刺す時間が足りないよ~(T▽T)

ズアオアトリ 完成♪

Photo1
ワレモコウ(吾亦紅・吾木香)の花が咲きました。

Photo2
コムラサキ(小紫)の実もきれいに色付きました。

まだまだ日中は暑いけど、
少しずつ季節が移っていくのを感じます(^ ^)


フレメのズアオアトリ、刺し終わりました~♪

Photo3
"Chaffinch" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme
stitch count 128w x 130h 花糸16色
HF linen 12B (12目/cm オフホワイト)


実の部分の怒涛のハーフクロスステッチには苦労しました。
チャートは1マス4mm角位に拡大コピー。
ハーフクロスが何目も続くと、
「針を入れる隙間なんて、もうどこにもないわよ!」と言いたいくらい
ムチムチになっちゃって…(;-ω-)ノ

それと、鳥がとまっている横枝が、チャート通りに刺すと
途中で折れそうなほど細くえぐれてしまうんです。
お手本の写真は、そんな風に見えないんだけど…。
どうしても気になるので、少しXを足して太くしちゃいました。

これ、何の木かなぁ…。


新しいものも刺し始めましたよ♪

Photo4

ワクワクで~す(*^ ^*)

雨宿り

うちの年中行事、夏の帰省が終わりました。
今年はお盆を外したので道はすいていてよかったけど、
花火大会を見られなかったのがちょっと残念。

我が田舎町にも最近「すきや」が進出したそうで、事前に母から
「お父さんと2人では注文の仕方がわからないから連れてって!」と
頼まれていました。
実は私も初めてだったんだけど(^◇^;)
牛丼1杯280円って、驚異的なお値段ですね。

東京の我が家に戻ると、フヨウの花が迎えてくれました。
Photo1

Photo2
こちらはカワミドリ。
最初小さな鉢に植えていたら、水抜き穴から根をおろして
ぐんぐん成長し、ついには鉢を割って見上げるデカさに( ̄_ ̄ i)
大きな声では言えないけれど、私はこの花を見ると、
使い古した歯間ブラシを連想してしまいます…。


昨日は午後3時頃からバケツをひっくり返したような土砂降りに。
ちょうど買い物に出ていたのですが、帰りは視界が悪くて、
車を運転するのにドキドキしました。

雨は夜まで断続的に降り続きました。
台所で夕飯の支度をしていると、視界の隅に不審な白い影が。

Photo3

どこかの猫さんが雨宿りをしていました。
窓ガラスと格子の間に、器用にもぐり込んでいます。
猫は濡れるのがきらいだものね(^m^)
こちらを向かせようと思ってガラスをカリカリッとひっかいたら、
ちらっと振り返ってどこかに行っちゃった。


実家で仕上げる意気込みでいたフレメのズアオアトリですが、
さて始めるかと思ったら、刺繍枠がない…(T T)
いつもはスタンドフープを使っているので、
道具箱に枠を入れるのを忘れないようにしなくちゃと
思っていたのに~。
仕方なく枠なしで刺したけど、慣れないのであまり進まず。

Photo4
"Chaffinch" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme


鳥はこのコ1羽だけですが、木の枝がまだまだ下に続きます♪

フレメの鳥さん Part 2

Photo1
エンビセンノウ(燕尾仙翁)

本当は花弁の先がもっと細くとがるはずなんですが…???
もしかしたらカラフトエンビセンノウかも。


ぬか床は1週間ほど前から本漬けに入りました♪
最初はただのぬかのにおいだったのが、
特有の発酵した香りに変化したときにはちょっと感動(*^ ^*)

Photo2
低温の冷蔵庫内で管理しているので、
漬かりやすいように野菜は切ってから入れています。
2晩でちょうど食べごろに。
まだきゅうりやにんじん、大根くらいしかやってないけど、
これからもっともっといろんな野菜を漬けてみたいです♪

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

キレンジャクに続いて、フレメのDanish Birdsシリーズから
ステッチしています。

Photo3
"Chaffinch" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme


今回の鳥さんはズアオアトリ。
残念ながら日本では出会えない鳥です。
バラ色のお腹がきれいでしょ?(^ ^)

日曜日から帰省するので、少しの間ブログはお休みします。
このコも連れていって、せっせと刺す予定。
田舎にいる間に終わらせられるかな~?

フレメのキレンジャク 完成♪

こんなところに、アブラゼミの抜け殻が。

Photo1_2
この花はユウスゲ。
夕方から早朝にかけて咲くので、
羽化したときには花びらもしっかりしていたでしょうけど、
それにしてもちょっと頼りない足場ですよね。
周りには木もたくさん生えているのに、
どうしてここに登っちゃったのかしら(^_^;)


フレメのキレンジャク、刺し終わりました♪
Photo2_2
"Waxwing" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme
stitch count 130w x 112h 花糸15色
HF linen 12B (12目/cm オフホワイト)


三者三様の表情。3羽目のコはちょっとスリム?(^m^)

Photo3_2
苦労させられた変則ステッチ。
いい修行になりました。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo4_2
チャック付き保存袋で手軽にぬか漬けが楽しめると聞いて、
こちらの冊子を取り寄せてみました。

Photo5_2
これが早速作ったマイぬか床。

Photo6_2
保存袋をさらに密閉容器に入れて、冷蔵庫で管理します。
ぬか床を混ぜるのは、袋の上から
もみもみするだけで楽ちん♪
今はまだ捨て漬け中。おいしく育ってね。

フレメのキレンジャク~2/3

台風が通り過ぎてからびっくりするくらい涼しくなって、
足元がスースーして風邪をひきそうなほどでした。
ちょっとひと息つけたけど、ぼちぼち本格的な暑さが
戻ってきそうです。

Photo2
カワラナデシコ(河原撫子)の花びらって、なんて繊細なんでしょ。
斜面に植えたら、こんな枝垂れ咲きに(^ ^;)

Photo3
フシグロセンノウ(節黒仙翁)の花はマツモトセンノウ
似ているけれど、ささくれがなくてツルンとしています。

Photo4
少し前に撮ったヤマユリの花。
今は花の時期も終わりに近付いています。
先端の花にしか雄しべがないでしょ。
足元ばかり気にしながら歩いていた夫が、
うっかり頭から花に突っ込んでしまって、
「おのれ~!」とちょん切っちゃったの(^◇^;)
幸い、着ていたものに花粉は付かなかったんだけど。
やっぱり雄しべがないと、何となくしまらない感じです。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

フレメのキレンジャク、2羽目が刺せました♪

Photo1
"Waxwing" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme


「キレンジャクという割には黄色くないじゃない」と
お思いかもしれませんね。
黄色いのは尾羽の先と翼の一部だけ。
近い種類にヒレンジャクというのもいて、
こちらは尾羽の先が緋色をしています。

花だか実だかの穂の部分は変則ステッチのオンパレードで、
刺すのにすごく時間がかかってしまいます。
でも、もう放り出したくなったりはしませんよ(^ ^)
あと1羽、早く会いたいな♪

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

7月下旬は結婚記念日、夫と私の誕生日がある
記念日集中週間です。
大好きなケーキ屋さん、ル・ププランで
お祝いケーキを買ってきました♪

Photo5
一刻も早く食べたかったので、こんな写真(^◇^;)
奥は今の時期だけの桃のショートケーキ。
手前は杏仁風味のムースで、中にブルーベリーが入ってました。
どちらもおいしかった~。
ここはうちから近いお店なんだけど、お値段高めなので、
特別なときだけのプチ贅沢なんです。

Photo6
家に着いてからケーキの入った袋を開けたら、
こんなにかわいいおまけクッキーが入っていましたヽ(*・ω・)/
こういうのってうれしい~。
ますます好きになっちゃった。

フレメのキレンジャク~1羽目♪

Photo5

なでしこジャパン、優勝おめでとう!!
いや~、LIVEで見たのはPK戦だけだったけど(汗)、
感動しました~。
なでしこを祝福するワンバク選手の笑顔にも涙(´;ω;`)

さてさて、ステッチの方は、現在フレメのDanish Birdsシリーズ、
キレンジャクを刺しています。
1羽目が登場~♪

Photo1
"Waxwing" designed by Mads Stage
(c)Haandarbejdets Fremme


ワクワクしながら刺し始めた初フレメでしたが、
しょっぱな、いきなり挫折しそうになりました。
手書きのチャートが見づらい上、
ハーフクロスステッチ…////////じゃなくて、
1x2目、2x1目の細長いクロスステッチだとか、
2x2目のクロスでも半目ずらして刺すとか、
変則的なステッチが多用されているので、刺しにくい…(;-ω-)ノ
でもまあるいお腹のベタを刺している辺りから段々のってきて、
鳥の形が見え始めてからは、早く会いたい一心で
針が進みました。
2羽目もがんばるぞー┗(^o^)┛

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

夏が来るたびに欲しいな~と思っていたアイスクリームメーカーを、
ついに我が家にお迎えしました♪
ときどきアイスやシャーベットを作るんだけど、
冷凍庫から出しては混ぜて、というやり方だと、
どうしてもガリガリ、ザクザクした食感になるのが不満だったんです。

Photo2
早速、あずき缶と牛乳だけでできる
さっぱり小倉アイスを作ってみました。
ちゃんと固まるのかな~と不安だったけど、
5分もするとみぞれ状に(@ @)

Photo3
ちゃんとなめらかにできてる~!感激です。
アイスクリームメーカーはやわらかいソフトクリーム状で
完成なので、しっかりしたアイスクリームにするには
さらに冷凍庫で冷やし固める必要があります。
でも待ち切れずに、すぐ食べちゃった。
だから溶けかけ(^◇^;)

Photo4
余った分は次の日、黒蜜白玉と一緒に。
残り物のプルーンも添えました。
この夏はいろんなアイスを作っちゃおう♪
OPPにならない程度に…。

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ