Compagnie des Ouvrages

空色リネン

ヤマホタルブクロが満開です。

Photo1
雨粒がたまって、しっとり♪

それにしても、どっかの山の中みたいに
うっそうとしてますね。むむむ…( ̄_ ̄ i)

Photo2
クチナシも花盛り。
ほのかに甘い香りが漂っています。

クチナシにはオオスカシバの幼虫がたくさん付くので、
ヒヨドリがヒナのための食べ物を探しによく来ています。
たんとおあがり~(^ ^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

月曜日にユザワヤさんに行って、額を買ってきました♪

Photo3
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

しわが伸びて、ピシッとしたでしょ(*^ ^*)
45cm角の額は、実際手に取ると思った以上に大きくて、
持って帰るのが大変でした。

吉祥寺まで行ったので、ちょっと気になっていたカエルグッズの
専門店、「Cave」を覗いてみました。
店内に所狭しと詰め込まれた商品は、まあ見事にカエルばかり。
私はどちらかというとリアルなカエルが好きなんだけど、
こちらは割とファンシーなデザインのものが多かったかな。

Photo4
てなことを言いつつ、思わず買ってしまったのは
こんなかわいらしいコ。
スワロフスキーで着飾ったカエルの女の子です。
首が動くの~(≧∇≦)

Photo5
こちらは今ステッチ中のもの。

Jujuさんにいただいた青いリネン、
何に使おうかと構想を練ってきましたが、
このたび満を持して刺し始めました~♪
写真は鮮やかな水色になっちゃったけど、
本当は少しスモーキーなブルーです。
色々なデザインの"Y"を、四つ切サイズの中に
Ecru1色で刺していくつもりです。

Photo6
これらの本を資料に、時間をかけて少しずつ
埋めていこうと思います。

「オオカミとキツネ」完成~♪

「オオカミとキツネ」が、ついに完成しました~\(^o^)/
刺し始めたのが去年の7月下旬なので、
11ヶ月近くかかったことになります。

Photo1
最後の枠には、それぞれのお話のタイトルが入りました。

上から オオカミとコウノトリ
     馬とオオカミ
     カラスとキツネ
     オオカミと子羊
     キツネとコウノトリ
     羊飼いになったオオカミ
     キツネと牡山羊       と書いてあります。

Photo2
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages
stitch count 276w x 276h 1色
36ct  natural linen


まだシワシワですが…(^◇^;)ゞ
すぐにでも額装したいところだけれど、近くの画材屋さんには
サイズがありませんでした。
45cm角が欲しかったんだけど、40cm角までしかなかった…(T T)
ユザワヤさんまで見に行こうかなぁ。早く飾りたいよ~。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

久しぶりにケーキを焼きました。
今年の夏は節電の夏。
電力に余裕がある今のうちに、
冷凍バターの在庫を使ってしまいたいと思って。

Photo3
卵の重量に合わせて他の材料を量った、
本当のカトルカールです。
バターも砂糖も手加減ない量(^_^;)
ちょっとひびの入り方が美しくないけど、
いい感じにふくらみました~♪

Photo4
やった~、大成功!(*^ω^*)
バターたっぷりなのに、食感はふわふわと軽く
いくらでも食べられるという、大変危険なケーキです。

バターあと100g残ってるけど、どうしようかな。
なるべく早く使っちゃいたいし…。
昔は夏が近づくと必死にダイエットしたものだけど、
最早そんなことはどーでもよくなってしまっている
自分がいます…( ̄▽ ̄)ゞ

オオカミとキツネ~「オオカミとコウノトリ」完成♪

「この前の梅雨入り発表はフライングだったんじゃないの?」と
言いたくなるような、いいお天気♪
庭では初夏の花が次々に咲き出しています。

Photo1
レンギョウの枝の中から顔を出したエゾゼンテイカ(蝦夷禅庭花)。
ニッコウキスゲととても近い植物で、同種とする説もあるようです。
しべまでぜ~んぶ黄色。

Photo2
ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)
日本の山に自生するシャクヤクです。
中国原産の園芸種と比べると、とても小さくて簡素な花です。

Photo3
でも、このちょっと皺っぽい繊細な花びらも、
控えめな紅色も大好き♪

Photo4
ピンクのキョウガノコ(京鹿子)に、紫色のハナシノブ(花忍)。
年々巨大化するギボウシ「フランシスウイリアムズ」の
大きな葉が覆いかぶさろうとしています(^ ^;)

Photo5
キョウガノコの花のアップ。
濃いピンクで、ふわっふわです。
子どもの頃好きだった桜でんぶを連想しちゃう(*^m^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「オオカミとキツネ」の最後のお話、
「オオカミとコウノトリ」が完成しました。

Photo6

のどに骨が刺さって困ったオオカミは、
コウノトリにその長いくちばしで骨を抜いてくれないかと頼みます。
たっぷり謝礼を払うからと。
ところがコウノトリがオオカミののどから骨を抜き取り、
約束のお金を要求すると、オオカミは言い放ちました。
「報酬ならもう十分やっただろう。
俺様の口から無事に出られたんだからな!」

とほほ~(T▽T)
でも本当に、頭をガブリとやられなくてよかったね。

Photo7
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

最後の枠はほとんど文字だけです。
あとちょっと。がんばるぞ~┗(^o^)┛

二代目江戸屋小猫さん襲名お祝いの会

沖縄からは木曜日に帰ってきたのですが、
その後もバタバタと忙しく、まだ写真の整理も何も
できていない状態です(^◇^;)

そんな中、昨日は縁あって「二代目江戸屋小猫さんの
襲名を祝う会」に夫婦で出席しました。
先代の小猫さん、現四代目猫八さんは子どもの頃から
テレビでよく拝見していましたが、息子さんは初めて。
お二人でのステージもあり、鳥や動物の鳴き真似が見事なのは
もちろん、合間のトークもとても面白くて、あっという間に
時間が過ぎていきました。

Photo1
記念のTシャツを購入しました。
猫が大入り袋を押さえています(^ ^)

Photo2
背中にサインを入れていただきました。
右が猫八さん、左が小猫さんです。どちらもかわいい♪

お二人は東日本大震災の被災地で慰問公演をされていて、
このTシャツの代金も支援活動に役立ててくださるそうです。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo3
庭では今、苺が旬を迎えています。
去年はいびつな実がほどんどで出来が悪かったけど、
今年はきれいに膨らんだ実が多いです。
きっとミツバチのおかげね。
夫は「僕の人工受粉が上手くなったんだ」と言っているけど(^m^)

ステッチもぼちぼち進めています。

Photo4
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

何やら怪しい展開に…(^_^;)

この鳥のこと、前回サギと書きました。
そう訳されたお話を読んだからなんだけど、
原題では「オオカミとコウノトリ」でした。
日本人になじみの深い鳥に置き換えて訳したんですね。

雨の功罪

今週はよく雨が降りました。

Photo1
おかげで満開だったツツジの花が…

Photo2
見るも哀れな姿に(T▽T)

ツツジの花は、我が家の庭の春の主役ともいえる存在。
満開になると庭が断然華やぐのですが、
雨に打たれるとすぐ傷んでしまうんですよね~。
今年はしばらく楽しめたからよかったけど、
満開になった途端に大雨なんていう年は本当にがっかり。
で、この花ガラがいつまでも木にしがみついて、
絶対下に落ちないのですよ...(;-ω-)

Photo3
アヤメには、やはりしっとりしたお天気が似合います(^ ^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ステッチは「オオカミとキツネ」を地道に進めています。

Photo4
優雅な立ち姿のサギが現れました♪

Photo5
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

明日からまた5日ほど留守にします。
今度は沖縄。お天気どうかな…。

馬とオオカミ

庭の餌台はその後も度々タヌ吉さんの訪問を受けているらしく、
次第に傾きが大きくなって…

Photo4
このありさまΣ(・ω・ノ)ノ!
ま、直さない方も直さない方なんですが。
この前ヒヨドリが縁にとまろうとしてバランスを崩し、
コケッとなるところを目撃してしまいました (* ̄m ̄)プッ

この餌台もあと2~3日で店仕舞いの予定なので、
もうこのままいくでしょう。
片付けるのが先か、倒れるのが先か、という感じ。


Photo1
タツタソウ(竜田草)の花がたくさん咲きました。
淡い紫色がきれいです。
丸っこくてちょっとギザギザした葉っぱもかわいい。
この葉っぱの形から、「糸巻草」という別名があるそうです。

Photo2
イチリンソウ(一輪草)
植え付けて4年くらい?
なかなか大きくならず、環境が合わないのかと心配しましたが、
今年突然の急成長。花壇からはみ出る勢いです。
花の直径は4cmくらい。
小花の多い我が家の庭ではかなりのビッグサイズで、
パッと華やぎます。

Photo3
ミヤマカタバミ(深山片喰)
物置裏のほとんど日の射さない場所にひっそり咲いています。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「オオカミとキツネ」の6つ目のお話、
「馬とオオカミ」が完成しました♪

Photo5
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

牧場に放された馬を見つけたオオカミは、
「ひとつあの大物を食ってやろう」と策略を練ります。
馬のもとへゆうゆうと歩いていくと、言いました。
「私はいかなる病も治せる名医。
気になるところはありませんかな?」
「足の裏におできができている」と馬。
「それでは私が手当てして進ぜよう」
オオカミは馬の後ろに回ります。
背後からがぶりといくつもり。
ところが危険を察した馬は、後脚でひと蹴り。
オオカミのあごと歯は、粉々に砕かれてしまいましたとさ。

Photo6

いくらオオカミでも、あごの骨粉々はかわいそすぎる…(T T)

あれから

Photo1

あれから何だかざわざわと落ち着かない気持ちのまま、
毎日を過してきました。
でも、そろそろしっかりしないとね。
計画停電も今年の夏、冬と長期戦になりそうだし、
もう「それが日常」っていうくらいのつもりでいかないと。

ステッチも、少しずつだけど毎日続けています。
無心になって針を動かす時間は、心の安定に
とても役立ちました。

Photo2
「オオカミとキツネ」6つ目のお話。
今度はオオカミさんが大変なことになっているようです。

Photo3
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

オオカミとキツネ~「カラスとキツネ」完成♪

この冬は、空気の乾燥にずっと悩まされてきました。
カラカラ天気が長く続いた上、ほぼ終日エアコンをつけて過ごして
いるので、夜になると乾燥はピークに。
顔がバリバリと突っ張るのもかなりやばい感じでしたが、
一番つらいのは目の乾き。
特にステッチしているときは布目をよく見たいのに、
目がしょぼしょぼしてまともに開けていられない…(T T)
先日夫がのど風邪をひいたこともあって、
今さらながら加湿器を購入しました。

Photo1
性能というより、かわいさで選んじゃった(^◇^;)
木のてっぺんからシュワシュワとミストが出ます。
1枚ぶら下がった葉っぱはリモコン。
スイッチを入れると見る間に湿度計の数値が上がっていって、
「おぉ、がんばって働いてるね~」と愛おしくなります(^ ^)
おかげで快適にステッチできるようになりました。

ステッチは、「カラスとキツネ」のBSがようやく終了。

Photo2

Photo3
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

肉をくわえたカラスを見つけて、キツネが言います。
「なんて素敵なカラスだろう!声も姿と同じように美しければ、
鳥の女王に違いないのに」
するとカラスは自慢ののどを披露しようと「カァ」と鳴きます。
くちばしからポロリと落ちる肉。
キツネはすかさずそれをせしめると、
「カラスさん、確かに声は素晴らしいけど、
ちょっとおつむが足りないようだね。」

ま~、憎ったらしいキツネですね!
でも子羊を食べたオオカミと比べるとかわいく見えちゃう。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日はバレンタインデーでしたね。
今年のチョコはこれ~!

Photo4

Photo5
デュオゴディバです♪
テレビCMにやられましたc(>ω<)ゞ
フルーツとナッツのフレーバーが溶け合って、
とってもおいしかったです~。

タワー

Photo1_2
福寿草の芽が顔を出しました(*^ ^*)

昨日は知人のお嬢さんがバイオリンリサイタルを
開かれるというので、六本木まで聴きに行きました。

Photo2_3
会場はビルの34階で、なかなかの眺め♪

ステッチャーさんというとクラシックやスタンダードジャズを
優雅に聴いているイメージがありますが、
私はいくつになっても音楽の好みが一向に変わらず、
相変わらずファンクなどが好き。
昔クラシックコンサートに何度か行ったことはあるけれど、
大抵途中で気持ちよくなってしまい、夢の世界へ…( ̄▽ ̄;)
今回も正直それが心配だったんだけど、知っている曲が
多かったこともあり、無事最後まで演奏を楽しむことができました。

Photo3
コンサートが終わる頃にはすっかり暗くなり、
東京タワーに灯りがともっていました。

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「オオカミとキツネ」は、次のお話の図案を刺し終わりました。

Photo4
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

キツネが「もしもし、カラスさん」と話しかけているところです。
物腰が胡散臭いですね(* ̄m ̄)プッ

--追記--

このキット、チャートが印刷されている紙には1 over 2、
別紙説明書には2本取りと異なる指示がされていますが、
糸は1本取りに必要な量しか付いていません。
これから刺される方はお気をつけくださいね。

オオカミとキツネ~カラス登場

霜の降りる寒い日が続いていますが、庭をよく見ると
春が少しずつ近づいているのが感じられます。

Photo1
フキノトウが顔を出し

Photo2
スノードロップがつぼみを付け

Photo3
クリスマスローズ・ニゲルが咲きました。

早く暖かくならないかなぁ( ´ω` )

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

少し前に、ravensaraさんがブログでソーイングボックスを
紹介されていました。
カルトナージュの特注品で、うっとりするほど素敵でした♪
それを見て、新たに取り入れたものが2つ…。

1つ目はこれ。

Photo4

ravensaraさんのソーイングボックスは、跳ね上げ式のふたの
内側に折りたためるごみ入れが付いて、とっても便利そう。
私はステッチ用具入れのクッキー缶のふたに糸くずを入れて
いたのですが、ちょっとしたことで舞い上がったり、
その辺にくっついたりするんです。
翌日、布団の中から糸くず発見!なんてことも…(^ ^;)
そこで、紅茶のミニ缶があったのを思い出し、
糸くず入れに使うことにしました。
ソーイングボックス(ていうか、作業箱)はメイン用と寄り道用に
2つあるので、糸くず入れも2つ♪

2つ目はこちら。

Photo5

クロバーの刺繍糸用スレダーです。
前にステッチ雑誌で見て探したことがあったのですが、
近くの手芸店では見つからず、それっきりに。
ravensaraさんが使われているのを見てやっぱり欲しくなり、
送料の安いショップを探して取り寄せました。
はるばる長崎からの長旅、ごくろうさん♪
中の金属にクローバーが刻まれていて、かわいいです。
こういうちょっとしたことで、けっこう気分上がります(^ ^)

こうしてステッチ環境が少しずつ快適になっていくのって、
うれしいものですね。


「オオカミとキツネ」は、カラスが出てきました~。

Photo6
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

木の下にいるのは…?

もう、シッポで誰だかわかっちゃいますね(*^m^)

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ