鳥のこと

成人の日、たくさんの雪が降りました。
Img_4840

一変する景色。
Img_4838

木の枝が重そうにしなって。
Img_4846

湿った雪がぼたぼたと降り続いている間は少なかった鳥たちも、
翌日天気が回復すると一斉に戻ってきました。

地面が雪で覆われて食べ物を見つけるのが難しいので、バードケーキは大人気。
Img_4867

ヒヨドリも丸くなる寒さ。
Img_4852

雪の美白効果で、スズメも美人度アップ♪
Img_4937

シュワッチ!
きりりとした眼差しが頼もしいメジロちゃん(*^ ^*)
Img_4892

シクラメン・コウムの葉っぱ。
仲間はみんな埋もれちゃったね。
P1170133

つぼみが見え始めたスノードロップにも雪が。
P1170129

冬越しするミツマタのつぼみ。
ふわふわの毛に覆われて暖かそう(^ ^)
P1170132

今日も寒くなりそうです。
みなさんも暖かくしてお過ごしくださいね。

ヒヨドリその後

先月巣立ったヒヨドリの家族は、
その後もちょくちょく姿を見せてくれています。

Photo1
巣立ちの1週間後。
くちばしがしっかり硬そうになって、尾羽も伸び始めました。

Photo2
さらに10日後。尾羽がだいぶ伸びたね(^ ^)
胸にも色が付いてきました。
この頃になると飛ぶのもうまくなっているし、
一人前に人間を警戒するようにもなって、
以前のようには写真を撮らせてもらえません。

Photo3
親ヒヨはといえば、育児疲れ?
腰の羽がごっそり抜けて、何だか痛々しい姿(>_<)
オロナイン塗ってあげたくなっちゃう。

Photo4
そして巣立ちから20日ほどたった朝、
物置の屋根に落ちた松葉を集める親ヒヨ。
子どもたちが独り立ちして、もう一度卵を産むつもりなのかしら?

今もときどき、若ヒヨたちの大きな声が聞こえます。
前はピーピーとかわいらしい声だったけれど、
すでに親鳥の声が持つ、脳天に突き抜けるようなけたたましさを
獲得しつつあります(^_^;)
尾羽もすっかり伸び、胸は灰色の羽で覆われました。
まだ親の後を追い掛け回しているけど、
あまり相手にしてもらえないみたい。
そうやって少しずつ親離れしていくんだね。がんばれ!


           .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


足りなかった糸が届いて、ステッチが無事完成しました。
季節外れも甚だしいですが、こちらで~す♪

Photo5
"All Hallow's Night" (c)Birds of a Feather
stitch count 133w x 123h WDW10色 DMC2色
Zweigart 32ct Vintage Country Mocha linen


楽しげなかぼちゃブラザーズと仲間たち(^ ^)
これで今年のハロウィーンは安泰だ!と言いたいとこだけど、
Prairie Schoolerの新作も1つくらいは刺したいなぁ。

巣立ち

庭のガマズミで子育てしていたヒヨドリの巣から、
17日に3羽の雛が巣立ちました。
それぞれバラバラに散らばってしまい、親ヒヨはてんてこ舞い。

Photo1
花の終わったイブキジャコウソウの中に。
ヒヨドリは孵化してから巣立ちまでが特に短く、雛はまだ赤ちゃんのような顔。

皆一斉に巣立ったものと思っていたのですが、
しばらくして、まだ巣の方から小さな声が聞こえることに気づきました。
親ヒヨもときどき食べ物を運んでる。1羽残っているようです。


翌18日、朝から巣の近くでしきりに鳴き、巣立ちを促す親ヒヨ。
それでも4羽目の雛はなかなか巣を離れられないようで気をもみましたが…。

Photo2_2
午後1時過ぎ、ついに巣立ち♪

しばらくして窓の外をふと見ると、こんな状態になっていました。

Photo3
とり団子!(≧∇≦)

Photo4
何やらアクロバティックなポーズで、雛の羽繕い。

Photo5
ごはん、ごはん♪

Photo6
眠くなっちゃった……。
お尻のところが、ワカメちゃんのパンツみたい(^m^)

ところで気がかりなのは、雛が3羽しかいないこと。
末っ子がまだ合流できていないのかしら。
もしかして、すでに1羽減ってしまったのか…と暗い考えも頭をよぎります。

あれっ、樹上の3羽とは別の方向から声が聞こえる。
何だかずいぶん近くにいるみたい。
でもどれだけ枝を透かしてみても、雛の姿は見つかりません。
声はこんなに大きく聞こえてるのに、おかしいなぁ。
ん?……はっっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

Photo7
あんまり近過ぎて、目に入らなかった(^_^;)
親ヒヨが食べ物を運んできやすいように、そっとカーテンを閉めました。
今、猫が来ませんように…と祈る思い。
日が暮れる前に庭の方へ飛んでいき、ほっとひと安心しました。

Photo8
これが4羽の雛が育った巣。
かなり粗雑な感じ。

Photo9
でも、中はちゃんとなめらかに仕上げられているようです。

今日も時折窓の外から雛の声が聞こえます。
これから沢山の試練が待ち構えているだろうけど、
どうかみんな無事成鳥になれますように。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


ステッチの方は"A Most Noble Pursuit"をお休みし、
刺しかけになっていたBirds of a Featherの
"All Hallow's Night"を進めています。

Photo10
"All Hallow's Night" (c)Birds of a Feather

とても楽しくステッチしていたのですが、
あと少しのところで黄色い糸が終わってしまいました。
これはWDWなので、取り寄せないとだめ。
そこで自粛していた通販サイトを久しぶりに見てみたら、
Prairie Schoolerの新作が出てる!
むむむ(汗)……、ポチッとな(;;;´Д`)ゝ


よかったらTwitterの方も覗いてみてくださいね。
今のところ、ステッチ成分0ですが(^ ^;)

"A Most Noble Pursuit" 7つ目完成♪

昨日梅雨入りした東京。
今日も日中は青空が見えていたけれど、夕方、雨が降り出しました。
天パにとっては憂鬱な季節の始まりです。

Photo1
庭ではアスチルベの花が咲きました。
モフモフかわいいけど、今年の花はちょっと小さ目かな?
上の方で、ササグモが何か捕まえたみたい。
斑入りの大きな葉っぱは、ギボウシ「フランシスウイリアムズ」

Photo2
ギボウシも次々につぼみを上げています。
これは毎年一番に咲くゴールドドロップ。
隣のタンチョウソウも丹頂に色付き始めています。

そして、新しい命も生まれました。

Photo3
いかにも幼いくちばしをしたスズメの子。
枝から枝へ飛び移るのも、バタバタとぎこちない。
大きくなって、冬にはおやつ食べに来てね♪

Photo4
去年の秋にベランダをうろうろしてたハラビロカマキリの子かな?
大きな頭と、いっちょまえのポーズがかわいいです(^ ^)
窓枠にとまっていたので、外に出してやりました。

Photo5
ガマズミのこの辺りでは、ヒヨドリが営巣中。
今朝、初めて雛の声が聞こえました!\(^o^)/


"A Most Noble Pursuit"、更新が遅くなりましたが
7つ目のブロック完成していました。

Photo6
"A Most Noble Pursuit" Sampler Circle 2006より
"Blue Birds for Happiness" Patricia Ann Designs (c)Patricia Bage 2006


このブロックは刺すところが少ないので順調に進んだけど、
次がまたover 1たっぷりで苦戦中。
ちょっと寄り道ステッチに逃げようかと思ってます(^ ^;)

沖縄旅行~自然編~

沖縄に到着してまず最初に訪れたのが、豊見城市の三角池。
何てことない町外れの遊水地ですが、
多くの水鳥が見られることで有名な場所です。

Photo1
赤くて長い脚と、ツートンカラーの体がきれいなセイタカシギ。
胸がほんのりピンクに染まっているのは、婚姻色です。

Photo2
クロツラヘラサギ。
しゃもじみたいなくちばしを水に入れ、
頭を左右に振りながら歩いて食べ物を探します。
奥のコはお食事中。手前のコは羽のお手入れをしています。


1日那覇周辺を観光した後は、いつも通り一路北へ向かいました。
今回もJALプライベートリゾートオクマに宿泊。

Photo3
夕方、ホテルの駐車場の植え込みで、
数頭のコウモリが木の実を食べていました。
クビワオオコウモリです。
洞窟に棲むコウモリと違って目で見て行動するので、
つぶらな瞳の親しみやすい顔をしています(^ ^)

Photo4
1年中緑が茂るやんばるではありますが、
今はちょうど新緑の季節。
森は若々しい萌木色に覆われていました。

Photo5
運よく日中に会えたリュウキュウコノハズク。
すごい睨まれてる…(^_^;)

Photo6
日本で一番美しいカエルといわれている、イシカワガエル。
昼間、倒木の洞でお休み中のところをちょっと失礼。

Photo7
こちらのコはヒメアマガエル。
体長3cmくらい。ちっちゃなひし形の、かわいらしいカエルです。

Photo9
喜如嘉(きじょか)では、オクラレルカがちょうど花盛りでした。

Photo10


このほかにも、写真には撮れなかったけれど、
ヤンバルクイナが路肩にひょっこり出てきて、
テテテーッと道路を横断するところを見撃しました。
さらにアカヒゲ、ノグチゲラ、キュウキュウツバメなど沖縄の主だった鳥を
大体全部見ることができて、鳥好きの両親も大喜びでした♪


~おまけ~

うちの庭で、夫がこんなかわいいシーンを撮影(^ ^)

Photo11
ヤマガラの求愛給餌です。
左で一生懸命ヒマワリの種をつついてるのが♀。
♂はかいがいしく次の種を差し出しています。けなげ~!


"A Most Noble Pursuit"は、6個目のブロック中ほどで停滞中…。

Photo12

色替えが面倒で面倒で…(;;;´Д`)
2~3目刺しては糸の始末をして…の繰り返しの作業は
まったく向いていないことが判明。
over 1の部分(文字パート)に安らぎを感じるほどです。
でも、ここまで来て放り出すという選択肢はないので、がんばります~。

"House on the Hill"完成♪

このところ寒い日が続き、
先日積もった雪は長い間消えませんでした。
10日たった今もわずかながら、点々と残っています。

地面が雪で覆われて食べ物を見つけるのが難しかったのか、
ウグイスが餌台に顔を出すようになりました。

Photo1
バードケーキも食べてくれて、うれしい(*^ ^*)


"A Most Noble Pursuit"、3つ目のブロックが
ようやく完成しました~。

Photo2_2
"A Most Noble Pursuit" Sampler Circle 2006より
"House on the Hill" with my Needle
(c)2005 Ellen Chester


このブロックは特殊ステッチが細々と指示されていて、
ちょっと面倒でした(^_^;)
動物たちには目が入ったのに、なぜかお嬢さんは
のっぺらぼう…。

Photo3_2

全体像です。

忍び寄る黒い影

"A Most Noble Pursuit"の1月のノルマの途中経過です。

Photo1

このチャートは10人のデザイナーさんの共作なので、
大好きなブロックとそうでもないブロックというのが
どうしても出てきてしまいます。
今刺しているところは、かなり「そーでもない」感じ…( ̄▽ ̄)
なので、少々苦戦中です。
刺していても、なかなか気持ちが乗ってこないんですよね。
でも、ここを乗り越えなければ完成はないし、
次のブロックは結構気に入ってるので、頑張らないとね。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


我が家の憩いの庭に、最近ちょっとした異変が起きています。

Photo2
ハイタカが日参してくるようになってしまったんです。

Photo3
獲物を探して、キョロキョロ。

Photo4
小鳥たちが羽を休めるツツジに突っ込み、物置の屋根へ。
抱卵中のキジバトの巣も見つかってしまいました。

夫は「ハイタカの方がいい!」と喜んでいるけど…。
そりゃ私だって、鷹を間近に見たら「おぉ!」と興奮しちゃうけど…。

Photo5
でもやっぱり、ハイタカが現れた後の
しんと静まり返った庭はさびしいです(;ω;)

とはいえ結局のところ、静観するよりほかないんですよね。

みんなみんな…
Photo6

Photo7

Photo8
くれぐれも気を付けて。

バードケーキの作り方

「ふ~、満腹満腹♪」と、満足そうに休憩中のキジバトさん。

Photo1
これこれ、丸くなるにもほどがありますよ(* ̄m ̄)プッ
飛べなくなっても知らないわよ。

…なんて、本当は体の熱を逃がさないために
羽を膨らませているだけです。
それにしても見事でしょ(^ ^)


毎冬、「バードケーキ」で検索して来られる方々がいらっしゃるので、
改めて作り方をご紹介します。
といっても、とてもいい加減なものなんですけど…(^_^;)

まず、材料で必ず必要なのが、ラードやヘットといった脂。

Photo2
今回は、牛スジや豚バラを料理した時に出た脂を使用。
ただし、下ゆでで出た脂のみ。
調味料を入れてからのものは使いません。
マヨネーズみたいなチューブ入りのラードを使うこともあります。

Photo3
レンジでチンして、脂を溶かします。
完全に溶けなくても、混ぜやすい軟らかさになればOK。
そこに薄力粉を混ぜ入れます。
基本的な材料はそれだけ。
オプションとして、シード・ナッツ類、はちみつ、
ドライフルーツなどを入れても。

Photo4
様子を見ながら粉を加えて、こんな感じにまとめます。
これは黒ゴマ入り。

Photo5
おにぎりの要領で、ラップを使って丸く形作ります。
このとき軟らかくても、冷蔵庫で冷やすと固くなって、
フィーダーに入れやすくなります。
すぐ使わない分は冷凍庫で保存。

Photo6
以前は餌台にそのままポンと置いていましたが、
丸ごとカラスにさらわれること数回、
ついにはタヌキの襲撃を受けるにいたり、
こんな金網の中に入れて木に括り付けるようになりました。
楽天等で探すと、バードケーキ用のかわいいフィーダーが
何点か見つかると思います。
設置場所にもよりますが、うちではスズメ、ヒヨドリ、メジロ、
シジュウカラ、シロハラなどが熱心に食べてくれますよ(^ ^)


                .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


年末年始の里帰り中に始めたステッチ。

Photo7

Prairie Schoolerの「3匹の子豚」です。
末っ子のレンガのおうちだけ建ちました。
でも、これはしばらくお預け。
今は"A Most Noble Pursuit"3つめのブロックを刺しています。
この続きは、お盆だったりして…(^◇^;)

青い鳥のクリスマスオーナメント

本格的に冷え込むようになり、鳥たちが姿を見せることも
多くなりました。

Photo1
庭の暴れん坊、ヒヨドリ。
頭の羽を逆立てて、ちょっと興奮気味?

Photo2
いつも一緒、仲のよいメジロのカップル。

Photo3
水浴び大好き♪


      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


クリスマスオーナメント、ひとつ目ができました。

Photo4
Blackbird Designsの"Joy"
Avrilさんの「ヒバナ」という糸を鎖編みにして、周りに付けました。
下に敷いてあるのが裏布。Jue de Filsさんで買いました。

Photo5
"Crushed Walnut Shells"(商品名:デザートブレンド)の
お試しピンクッションもできました。
こちらの裏布は、焦げ茶色の地に赤と黄色の小花模様。
くたっとした感触も、適度な重さもいい感じです♪
次はBBDのデザインで作りたいな。

そして、JujuさんとのマンスリーSAL、
"A Most Noble Pursuit"はまだこんだけです…(^_^;)

Photo6

怒涛のSmyrna cross stitchでへろへろになったところへ、
たたみかけるように1 over 1地獄が...(;-ω-)ノ
永遠に抜け出せないかと思いました。
そして、さらにSingle tied cross stitch地獄が続くのですが、
over 1の修業をみっちりした後なので、なんだか楽勝の予感♪

紅葉狩り

Photo1

木の葉の色が日毎に変わっていく今日この頃、
庭を眺めるのがいつにも増して楽しいです。

鳥たちも紅葉狩りにやって来ました(^ ^)

Photo2
メジロに…

Photo3
エナガ♪

Photo4
フヨウは花も美しいけれど、コロンと丸い実もかわいくて好きです。
ほわほわの毛に覆われています。

Photo5
中から出てきた種もほわほわ。


        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


このところ、年賀状用に消しゴムをほりほりしていたので、
ステッチはあまり進んでいません(汗)

Photo6

毎年鳥のハンコを作るのだけど、
今年は初挑戦の生き物だったので苦労しました。
そしてそして、目の衰えを如実に感じました~(T T)
日常生活やステッチにはさほど不自由を感じていないのに、
細かい部分を彫ろうとすると、み、見にくい…。
一応スタンドルーペを使っているけど、
来年はもっと倍率を上げないと無理かも。
石坂浩二さんが宣伝してるメガネタイプのも気になるわぁ( ̄▽ ̄;)

より以前の記事一覧

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ