フランスの図案本

小さなステッチ

庭にアワヒエをまき始めたら、真っ先に食べに来たのがこのコたち。

Photo1
コジュケイです(^ ^) 6羽のファミリー。
丸々コロコロでかわいいです♪

Photo2
紫色が目を引く、ノササゲのさや。


     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


ステッチの方は、小物をちょこちょこ刺しています。

Photo3
クルミ殻粒のお試しピンクッション用に刺したもの。
今はなきアートブックショップさんで買った
ドイツのシルク糸を使ってみました。

Photo4
そして、ずっと刺したかったクリスマスオーナメント♪
段染め糸にちょっぴり苦戦中(^ ^;)

こちらは先日買った本。

Photo5
Anne Sohier-Fournelさんの"Pictos Logos & Autres Tags
+ de 800 Motifs au Point de Croix"

これまであまり見たことのない、商業デザイン的な
モチーフ集です。

Photo6
雪だるまを作る人たち(私は「非常口くん」と呼んでいます ^m^)が
かなりツボ♪
あまり使う機会はなさそうだけど、
働く車シリーズもかっこいいですね~。

暑い…( ̄▽ ̄;;;)

この夏は暑さ厳しい日が多かったけれど、
ここ3日位は特にひどい!
脳みそがゆだっちゃって、思考力も活動量もガタ落ちです( ̄_ ̄ i)
ずっと日中は冷房なしで頑張ってきたけど、
今日はたまらず入れました…。ふぅ。

猛暑のせいで草花もうな垂れ気味のコが多いのですが、
そんな中で元気に咲いてくれているのは…

Photo1
ミソハギ(禊萩)
風に揺れるピンクの小花が可憐です。
よくキチョウが蜜を吸いにきています。

Photo2
イワタバコ(岩煙草)
石垣に付けてあるのですが、最初は3~4株だったのが、
毎年こぼれ種で増えて数え切れないほどに。

Photo3
下から見上げたところ。

ラスカルはその後現れず、庭は平穏を保っています(^ ^)

             .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

'Y'を集めたサンプラー、2つ目の文字を刺しました。

Photo4
ひとつ目とはがらっとイメージを変えて、
カッチリした雰囲気の文字を選びました。

Photo5
まるで行き当たりばったりに進めてますが、
どうなることやら…(^ ^;)

しろくまくん♪

アポイギキョウが咲きました。

Photo1
茎が徒長して倒れてしまったので、切り花にして玄関に♪


空色リネンのステッチ、最初の文字が完成しました。

Photo2
ずっと刺してみたかったけど、あんまり大きすぎて
出番のなかったこの文字を、まずは中央に刺しました。

Photo3
それにしてもでかいな、こりゃ( ̄_ ̄ i)
四つ切サイズが、この一文字だけで想定以上に埋まってしまった…。
端に寄せた方がよかったかしら。
枠を動かす余地はあるので、ちょっと考えます。

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この前スーパーで、こんなの見つけました♪

Photo4
白くまアイス、だ~いすき(人゚∀゚*)
練乳味にとにかく弱いんです。
それが蒸しパンになったとあっては、食べてみねば。

ミルク味の蒸しパンの上に、ドライパインやパパイヤ、
小豆などがトッピングしてあります。
ちゃんと練乳もかかっていて、おいしかったです~♪
練乳増量希望 (´ω`)

空色リネン

ヤマホタルブクロが満開です。

Photo1
雨粒がたまって、しっとり♪

それにしても、どっかの山の中みたいに
うっそうとしてますね。むむむ…( ̄_ ̄ i)

Photo2
クチナシも花盛り。
ほのかに甘い香りが漂っています。

クチナシにはオオスカシバの幼虫がたくさん付くので、
ヒヨドリがヒナのための食べ物を探しによく来ています。
たんとおあがり~(^ ^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

月曜日にユザワヤさんに行って、額を買ってきました♪

Photo3
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

しわが伸びて、ピシッとしたでしょ(*^ ^*)
45cm角の額は、実際手に取ると思った以上に大きくて、
持って帰るのが大変でした。

吉祥寺まで行ったので、ちょっと気になっていたカエルグッズの
専門店、「Cave」を覗いてみました。
店内に所狭しと詰め込まれた商品は、まあ見事にカエルばかり。
私はどちらかというとリアルなカエルが好きなんだけど、
こちらは割とファンシーなデザインのものが多かったかな。

Photo4
てなことを言いつつ、思わず買ってしまったのは
こんなかわいらしいコ。
スワロフスキーで着飾ったカエルの女の子です。
首が動くの~(≧∇≦)

Photo5
こちらは今ステッチ中のもの。

Jujuさんにいただいた青いリネン、
何に使おうかと構想を練ってきましたが、
このたび満を持して刺し始めました~♪
写真は鮮やかな水色になっちゃったけど、
本当は少しスモーキーなブルーです。
色々なデザインの"Y"を、四つ切サイズの中に
Ecru1色で刺していくつもりです。

Photo6
これらの本を資料に、時間をかけて少しずつ
埋めていこうと思います。

イニシャル・ステッチの枕カバー

Photo1

我が家の夏の終わりの風物詩、
腐葉土の天日干しが今年も敢行されました。

Photo2
囲いの竹よりも高く、てんこ盛りになっていた落ち葉も
ここまでかさが減りました。

Photo3
こうして日光にさらして乾燥させ、発酵を止めるんです。
そうしないとすっかり分解されて、完全に土になってしまいます。

…といかにも自分でやったように書いてますが、
実は何もしてないのです…(>ω<)ゞ
私は秋から冬にかけて落ち葉を集めるのが専門で、
後の世話は全部夫がやってくれています。

Photo4
そして今年も、ころころと出てきましたよ~。
カブトムシの幼虫です♪
お腹が黒っぽいのは、腐葉土をたっぷり食べているから(^ ^)
よさそうな場所にお引っ越ししてもらいました。
無事、成虫になってくれますように。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


だいぶ前に作ったものですが…。

Photo5
イニシャル入りの枕カバーです。
花柄のハーフリネンと白いリネンをはぎ合わせて作りました。

Photo6
ステッチ部分はこんな感じです。
チャートはフランスのステッチ本「ALPHABETS ANCIENS」から。

クロスステッチを始めたばかりの頃に作ったものですが、
今の私の好みからすると色使いがかわい過ぎて、
かなりこっ恥ずかしい感じです(^ ^;)

メゾンの仲間たち 完成!

このところカンカン照りの猛暑が続いていて、
庭仕事もすっかり放棄中です(^ ^;)
草取りや花壇の整理をしたいけど、強い日射しを浴びると
頭が痛くなってしまうんですよね~。
先日も運転免許証の更新に出掛けたのですが、
帰ってから痛み止め飲んでのびちゃいました(-"-;A
このときだけは夏に生まれたことを恨みたくなります。

気温はすっかり夏真っ盛りなのに、寂しいのがセミの声。
1週間前からアブラゼミとミンミンゼミが鳴いてはいるのですが、
たま~に耳にするだけで、一向に本格化しません。
たぶんセミの発生数自体少ないんでしょうが、
それに加えてこの方にも一因があるかと…。

Photo1
片っ端からヒヨドリの餌食になっているのです(T T)

例の物置の屋根はヒヨドリの調理場にもなっていて、
毎日「ゴンゴン、ゴンゴン」という音が聞こえてきます。
セミの体を屋根に打ちつけて翅をむしり、
飲み込みやすいようにのしているんです。
足元にアブラゼミの翅が散らばってますね…。
調理が終わると、木陰などの落ち着いて食べられる場所に
移動します。

ヒヨも生きていくために必死で食べているので
責めることはできませんが、長いこと土の中で過ごして、
ようやく地上に出てきた途端に食われてしまう
セミが哀れです(´;ω;`)

Photo2
こ~んなに大きなイモムシをくわえてくることも。
これはスズメガの仲間の幼虫です。
のどにつかえないのかなぁ。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「メゾンの仲間たち」が完成しました~♪

Photo3
LES COMPAGNONS DE LA MAISON
"sweet home" Marie-Anne, Rethoret-Melinより
(c)Editions Mango Pratique
stitch count 108w x 95h
36ct ecru linen

Photo4
最後に登場した仲間は、カタツムリでした(^ ^)
このお家は、カタツムリさんの住まいなのでしょうか…?

Photo5
メゾンの上には太陽がギラギラと燃えています。
花のつるに吊下げられたハートのオーナメントがかわいい♪
これまでに刺した中で一番カラフルな作品だったかも。
すごく楽しくて、早く完成させたいような、
終わっちゃうのがもったいないような気持ちでした。

次の作品は動物のシルエットものです(^ ^)

新天地を求めて

今朝、雨戸を開けていた夫が「外がすごいよ!見て見て!」と。

Photo1
ものすごい数の蜂がビュンビュンと飛び交っています。
こんなことは初めて。
しばらくすると騒ぎが収まったので、そっと見に行くと…

Photo2
ん?

Photo3
お~ぉ、モミジの枝にミツバチの大きなかたまりが!!(゚ロ゚屮)屮
分蜂というやつです。
新しい女王蜂が育つと、母女王は働き蜂を連れて巣を離れ、
新天地を求めて旅に出るのです。
テレビのニュースなどでは見たことがあるけど、本物は初めて。

Photo4
ひゃ~、全部で何匹いるのか、見当もつきません!

養蜂業者さんを探して連絡を取り、引き取りをお願いしました。
ところが2時間ほどして業者さんが到着し、
現場に案内すると、そこはもぬけのから…(;´д`)トホホ…
直前まではちゃんといたのに~。何か感じたのかしら…。
写真を見せたところ、今や貴重なニホンミツバチで、
群れの規模も大きいそう。う~ん、残念!
あのコたち、移動した先で害虫として駆除されるようなことが
ないといいんだけど。
よい落ち着き先が見つかることを祈っています。

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「メゾンの仲間たち」は、メインのお家とバードハウスができました♪

Photo5
LES COMPAGNONS DE LA MAISON
"sweet home" Marie-Anne, Rethoret-Melinより
(c)Editions Mango Pratique


Photo6
ちょっと窓の建て付けが悪そうですが、
そこは目をつぶっていただいて(>ω<)
バードハウスは止まり木も付いておしゃれな作り。
ただ、止まり木の青い鳥がなんとも不思議ちゃんです…(^◇^;)

あと1/3くらいかな?

メゾンの仲間たち 2

ヤマユリが咲き始めました。

Photo1
頭が重たそうにうなだれています。
夕方になると強烈な芳香を放ち、
そばに行くとクラクラめまいがするほど。
以前、茎が折れてしまったのを、もったいないので花瓶にいけて
玄関に飾ったことがあるんですが、
匂いのせいで大変不評でした(^◇^;)

Photo2
ミソハギの花です。

Photo3
ピンクの小花がかわいらしい♪

Photo4
オオバギボウシのつぼみは、折り重なる白い苞が
ひとつの大きな花のように見えてきれいです。

Photo5
咲くとこうなります(^ ^)

          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


「メゾンの仲間たち」、少し進みました。
Photo6
LES COMPAGNONS DE LA MAISON
"sweet home" Marie-Anne, Rethoret-Melinより
(c)Editions Mango Pratique

ねじねじの木とドット柄の木がかわいくて気に入っています。

Photo7
赤いとんがり屋根の小屋の主は、犬のTOUTOUちゃんでした♪
あの謎の物体は顔の輪郭だったんですね~。
それにしても、不思議な顔をしたワンちゃんです。
淡ピンクの部分は口を開けてるのか、舌を出してるのか、
はたまた鼻なのか…。
考えれば考えるほどわからなくなります( ̄▽ ̄:)

メゾンの仲間たち 1

Photo1
夕方、葉を閉じて眠りにつくネムノキ(-.-)zZ


「鳥たちの木」の額装ができました♪

Photo2
ARBRE AUX OISEAUX
"ABC COUNTRY AU POINT DE CROIX" Helen Windより
(c)Marabout 2008

カメラと蛍光灯が映り込んでいます…(;-ω-)
どうすれば上手に撮れるんでしょ?

額は木目のシンプルなものを考えていたのですが、
このサイズ(25cm角)は種類がとっても少なくて…。
金と赤は相性がよさそうだし、紅葉・黄葉のイメージにも
合うだろうと思い、ちょっと思い切ってこんなの買ってみました。
台紙が白だとリネンの赤がぼやけてしまう気がしたので、
グレーのボード紙にマウントしました。
地色が濃いと映り込みが激しいので、飾る場所を選びますね。
リビングに掛けたら窓の外の景色がじゃまで全然見えず、
廊下に移動しました。

新たに刺している作品は、こちらの本から。
Photo3

Photo4
LES COMPAGNONS DE LA MAISON
"sweet home" Marie-Anne, Rethoret-Melinより
(c)Editions Mango Pratique

とてもカラフルでかわいらしい、小ぶりなサンプラーです。
これから仲間たちがたくさん登場しますよ。
赤いとんがり屋根の小屋にいるのは誰でしょうね(^ ^)

            .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

先日、大惨事にみまわれまして…。
ていうか、自分で引き起こしたんですけど(^◇^;)

ノートPCの電源コードに思いっきり足を引っ掛け、
PCが机から落下、LANケーブルがコネクタのところから
ちぎれちゃったんです~~Σ(゚д゚lll)ぎょえ~!!

このケーブルがまた、隣の隣の部屋から延々と引っ張っている
15mもの長さのものでして…。
はぁ~、大ショック。
でも、夫が文句ひとつ言わず新しいケーブルを買ってきて、
またきっちりと敷設し直してくれたのでした。
さらに、もう足を引っ掛けないように
電源の取り方も変えてくれました。
うぅ、すまぬ…。感謝感謝です(人><。)
幸い、PCは何ともありませんでした~。

鳥たちの木 完成♪

ハナシノブが咲きました。
Photo1

去年、花が終わった後で白絹病が蔓延し、
全滅してしまったと思っていました。
でも枯れる前に、種をこぼしておいてくれたようです。
うれしいなぁヽ(´▽`)/

Photo2
アポイギキョウです。
つぼみのときは白かったのに、
いつの間にこんなに色付いたのかびっくり。
つぼみは風船みたいにぷ~っと膨らんで、ぱかっと開きます。

Photo3
雑草だけど好きな花、ネジバナです。
芝生の中にぽつぽつと咲いています。
こう見えて、蘭なんですよ。

Photo4
1つ1つは5mm位の極小の花だけど、
よ~く見るとちゃんと蘭の形をしています(^ ^)

Photo5
先月満開の花を楽しませてくれたカザグルマの種です。
秋になって熟すと、もっと毛羽立ってふわふわになるはず…。


      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



「鳥たちの木」が完成しました♪

Photo6
ARBRE AUX OISEAUX
"ABC COUNTRY AU POINT DE CROIX" Helen Windより
(c)Marabout 2008
stitch count 110w x 110h
Permin 28ct Ruby Red Linen

これまでに刺したことのないタイプのデザインで、楽しかったです。
木の葉の間に見える白いポツポツ(実?)が意外に効果的で、
これを刺したらぐっと華やいだ雰囲気になりました。
木の根元に見えるキノコ、ベニテングタケに似ています。
ヨーロッパにも生えるのかしら?
ベニテングタケは毒キノコですが、信州では塩漬けして
毒抜きしたものを食べるそう。
ちょっと味見させてもらったことがあります。
口の中が軽くピリピリしびれて、刺激的なお味でした(^ ^;)
おいしいかどうか、よくわからなかった~。

Photo7
例の鳥は、BSを入れてもやっぱり微妙でした(^◇^;)
最初1本取りで刺してみたら、リネンの赤に負けてしまって
よく見えず、 ならばと2本取りにしたら存在感あり過ぎ…。
ほとんど謎の生物の様相に(汗)
まあ、それも味ということで。

次はフランスのステッチ本"sweet home"から刺す予定です♪

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ