« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

沖縄旅行~自然編~

沖縄に到着してまず最初に訪れたのが、豊見城市の三角池。
何てことない町外れの遊水地ですが、
多くの水鳥が見られることで有名な場所です。

Photo1
赤くて長い脚と、ツートンカラーの体がきれいなセイタカシギ。
胸がほんのりピンクに染まっているのは、婚姻色です。

Photo2
クロツラヘラサギ。
しゃもじみたいなくちばしを水に入れ、
頭を左右に振りながら歩いて食べ物を探します。
奥のコはお食事中。手前のコは羽のお手入れをしています。


1日那覇周辺を観光した後は、いつも通り一路北へ向かいました。
今回もJALプライベートリゾートオクマに宿泊。

Photo3
夕方、ホテルの駐車場の植え込みで、
数頭のコウモリが木の実を食べていました。
クビワオオコウモリです。
洞窟に棲むコウモリと違って目で見て行動するので、
つぶらな瞳の親しみやすい顔をしています(^ ^)

Photo4
1年中緑が茂るやんばるではありますが、
今はちょうど新緑の季節。
森は若々しい萌木色に覆われていました。

Photo5
運よく日中に会えたリュウキュウコノハズク。
すごい睨まれてる…(^_^;)

Photo6
日本で一番美しいカエルといわれている、イシカワガエル。
昼間、倒木の洞でお休み中のところをちょっと失礼。

Photo7
こちらのコはヒメアマガエル。
体長3cmくらい。ちっちゃなひし形の、かわいらしいカエルです。

Photo9
喜如嘉(きじょか)では、オクラレルカがちょうど花盛りでした。

Photo10


このほかにも、写真には撮れなかったけれど、
ヤンバルクイナが路肩にひょっこり出てきて、
テテテーッと道路を横断するところを見撃しました。
さらにアカヒゲ、ノグチゲラ、キュウキュウツバメなど沖縄の主だった鳥を
大体全部見ることができて、鳥好きの両親も大喜びでした♪


~おまけ~

うちの庭で、夫がこんなかわいいシーンを撮影(^ ^)

Photo11
ヤマガラの求愛給餌です。
左で一生懸命ヒマワリの種をつついてるのが♀。
♂はかいがいしく次の種を差し出しています。けなげ~!


"A Most Noble Pursuit"は、6個目のブロック中ほどで停滞中…。

Photo12

色替えが面倒で面倒で…(;;;´Д`)
2~3目刺しては糸の始末をして…の繰り返しの作業は
まったく向いていないことが判明。
over 1の部分(文字パート)に安らぎを感じるほどです。
でも、ここまで来て放り出すという選択肢はないので、がんばります~。

沖縄旅行~文化編~

今回の沖縄旅行は、今月金婚式を迎えた私の両親へのプレゼントでもありました。
なので我が家の旅にしては、観光スポットを多めに回りました。

Photo1
一昨年も訪れた今帰仁(なきじん)城跡や

Photo2
美ら海水族館のほか、

Photo3
(キュートなアナゴさんたち♪)


ずっとスルーしていた首里城にも行きました。
首里城は沖縄戦で焼失しているので、現在見られる建造物は
ほぼすべて最近になって復元されたものです。


Photo4
二千円札に描かれている守礼門

Photo5
お城を守るシーサー。
個性的ないい顔をしています(^ ^)
眉毛がすごい!

Photo6
これが正殿。
外観だけでなく、建築様式も忠実に復元されているそうです。

Photo7
すごくカラフル!中国の影響が強いのでしょうか。
龍が大切なモチーフになっているようですね。

Photo8
王様の玉座です。絢爛豪華ですね~。

Photo9
独特の曲線を描く城壁が美しいです。


そして、新聞で写真を見て、ぜひ実際に見てみたいと思っていた
斎場御嶽(せーふぁうたき)にも行くことができました。
琉球王国時代に重要な祭事が行われていた聖地です。
学生さんらしい若い人たちでにぎわっているのにびっくり。
最近のパワスポブームの影響かしら?

Photo10
三庫理(さんぐーい)という拝所。
巨大な岩がもたれあうようにそびえ、隙間が三角形のトンネルになっています。
あまりに大き過ぎて、全体が一望できないほど。圧倒されます。

Photo11
トンネルを抜けると、木々の間から神の島である
久高島(くだかじま)を臨むことができます。
やはりこういう場所に来ると、粛然とした気持ちになるものですね。


長々とお付き合いいただいてありがとうございました。
次回、自然編に続く…m(_ _)m

"A Most Noble Pursuit"5つ目完成♪

金曜日に帰宅してから、山のような洗濯やら掃除やら
買い出しやらでバッタバタしていました(^ ^;)
沖縄の写真はまだ整理してないので、旅の報告はまた今度。

たった5日間留守にしていただけなのに、春の庭は変化が速い!
沢山の花が出迎えてくれました♪

Photo1
咲き始めたばかりだったイワヤツデ(岩八手)は、すっかり満開に。

Photo2
サクラソウ(桜草)。
去年は全然元気がなくて、このまま絶えちゃうのかな、と心配したけど、
土の中で密かに株を充実させていたようです(^ ^)

Photo3
ブルーの花と白い葉っぱのコントラストがさわやかなアジュガ。

Photo4
しゃがんで目をこらさないと見過ごしてしまいそう。
葉陰でひっそりと咲いているヒトリシズカ(一人静)。

Photo5
淡い紫のイカリソウ(錨草)。

Photo6
ショカッサイ(諸葛菜)。
勝手に生えてくる雑草だけど、好きな花なので残しています。

Photo7
春の生き生きとした緑を見ると、エネルギーが湧いてくる感じ┗(^o^)┛

満開の桜が見られなかったのは、ちょっと残念だったな。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


"A Most Noble Pursuit"、5つ目のブロック完成してました。

Photo8
"A Most Noble Pursuit" Sampler Circle 2006より
"A Lady's Dream" (c)Carriage House Samplings, 2006


夫に「何、そのおかちめんこ!」と言われました(-゛-メ)
まぁ、確かにちょっとおもしろフェイスだけどさ。
真っ青な苺って、何か特別な意味があるのかしら?

Photo9_2
半分できた~ヽ(´▽`)/

ロビンのピンクッション

Photo1

桜が咲き、ツバメも渡ってきて、いよいよ春本番ですね♪

Photo2
ポンポンみたいなミツマタ(三叉)、今年もたくさん咲いてくれました。

Photo3
タツタソウ(竜田草)の紫のきれいなこと!
でもこんな姿を楽しめたのは3日間くらい。
先日の嵐ですっかり散ってしまいました(T T)

Photo4
イワヤツデ(岩八手)、別名タンチョウソウ(丹頂草)。
ここ何年かは葉っぱばかり茂ってちっとも咲かなかったのですが、
今年は久しぶりに花を見せてくれました(^ ^)

Photo5
バイモ(貝母)。
すっくとまっすぐ伸びた茎に、釣鐘型の花をいくつも付けます。
葉っぱの先が巻きひげみたいになっていて、
お互いの茎にからみ付いています。おもしろいなぁ。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

最近、ヴェレダのクリームを使っているのですが、
アルミのチューブってしぼり出しにくい(;-ω-)
端からきれいにしぼろうとしても、どうしてもボコボコになっちゃうし、
ぐいぐいやってるうちに角が切れちゃったりして…。

そこで、初めてこれを買ってみました。

Photo6
タニーのチューブシボリ!
届いてみたら、思っていたよりゴツくてびっくり。
でも、頼りになる感じ~♪

早速使ってみましたよ。

Photo7 Photo8
うひゃ~、何これ!超気持ちいい!!

これはクセになる気持ちよさですね~。
家中のチューブをコリコリとしぼりたくなっちゃう(^ ^)
両端に中身が残りがちなラミネートチューブも、
すっきりしぼれます。おすすめです♪

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

こちらは少し前に作っていた、
ヨーロッパコマドリ(ロビン)のピンクッションです。
図案はドイツのステッチ本、"Herbst & Winter"から。

Photo9
(c)Christiane Dahlbeck, Bochum
stitch count 28w x 25h フレメ花糸9色
28ct  DMC natural linen

日本のコマドリは深山の鳥だけど、
ヨーロッパコマドリは庭先にも来る身近な鳥だそう。

Photo10
裏布は、多分リバティーだったかな?

このコはブログで仲良くしてもらっている
ぴよはちさんのところへ行きました。
気に入ってくれたみたいで、よかった(^ ^)


来週は沖縄旅行に行ってきます。
お天気はいまいちみたいだけど、楽しんできます♪

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ