« いやはや… | トップページ | バードケーキの作り方 »

遅ればせながら…

あけましておめでとうございます。

Photo1
今年の年賀状の消しゴムはんこは、モリアオガエルと
木の枝に産み付けられた卵塊でした。

いつものように、実家でのんびり年越ししてきました。
ただ、風邪がぶり返すといけないからと、
恒例の深夜の初詣では無し…(T T)

その代わりというわけではないけれど、
4日に地元では有名な霊山、鳳来寺山にお参りに行きました。

ふもとから鳳来寺本堂まで、1425段の石段をひたすら上ります。
最後に上ったのはいつだろう?
十数年ぶり…もしかしたら20年以上?

Photo2
本堂からの景色。

ゆっくりゆっくり歩いたけれど、
ふもとに戻るころには膝が笑ってしまって、
ヘナヘナと座り込みそうでした(^◇^;)


"A Most Noble Pursuit"の12月分のノルマ、
完成していたのにアップできないままでした。

Photo3
"A Most Noble Pursuit" Sampler Circle 2006より
"The Needle's Excellency"(c)2006 Brightneedle. LLC

蝶々が舞い、空には月と星がまたたきました。
間の線は…地球と宇宙の境い目? 謎(^m^)

Photo4
次はお花の上のブロックに進みます。

« いやはや… | トップページ | バードケーキの作り方 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますfuji

モリアオガエルさん かわいいです!
太ももと吸盤heart

1425段の石段・・想像しただけでも 私 確実に膝が笑いますcoldsweats02
遠くに山並みが見えて よい景色ですね。

ステッチ とても印象的な図案ですね。
不思議な樹と お家の屋根にある煙突的な部分と 謎の境目ライン・・
いろんな想像がひろがりますcatface

ぴよはちさま

あけましておめでとうございますnote
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

どうもありがとうございますshine
前に撮ったモリアオの写真に、かなり忠実に彫りました。
太もものモリモリ感、いいでしょ~smile

鳳来寺山は、500円出せば山頂まで車で行けるんですよ。
でも、今回は参道の植物を見ながら歩こうということで。
ふくらはぎの筋肉痛がようやく治まりましたcoldsweats01

この木、本当に不思議な形ですよね。
アメリカには実際にこういう木が生えているのかしら?
煙突的な部分と、煙的な部分も謎めいてますね。
真横にたなびく物は、実は旗なのか?と思ったり…。

あけましておめでとうございます♪

森青蛙、かわい~。すっごく上手。
掘るのもすごいと思うけれど、デザインも上手い!!

1425段を登るって、足がガクガクしちゃいそう。
絶対「ちょっと、休憩させてぇ~!!」なんて言っちゃいそう(笑)

AMNP、今回のも素敵だわ。
地球の広大さをイメージしたものなのかな?

今年もまたよろしくお願いします♪

Jujuさま

あけましておめでとうございます。

どうもありがとう~(*^ ^*)
表現力にも彫る技術にも限界があるので、
毎年デザインが完成するまでひと苦労です。
カエルとか鳥とか、主役は割とすんなりいくんだけど、
余白をどう埋めるかが難しくって。

石段は、もちろん休み休み上ったのよ~(^ ^;)
子どもの頃は、本堂よりさらに上の奥の院まで行ったこともあったけど、
今はもう全然無理。
それでも、本堂に着いたときの達成感は気持ちよかったです♪

このブロック、出だしはヒーヒー言ってたけど、
後半はとても楽しく刺せました。
木の形も、空の表現もすごくユニークよね。
絵と言葉にまったく関連がなさそうなのが、また不思議(^m^)

こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪

わあ、モリアオガエル、すごく可愛い♪ 
去年紹介してくださったあのカエルですよね、泡の固まりの中で
たまごがかえって、池におたまじゃくしがぽちょんと落ちるっていう。
また会えて、おぉ♪と懐かしい気持ちだわ~(^^)
デザインも素敵。Yuponさんはセンスがいいですね。

せっ、せんよんひゃくにじゅうご段の石段ですか(@_@;)
想像しただけで膝がカクカク、息切れしちゃいそう。
登り切るのにけっこう時間が掛かったんじゃなあい?

ステッチは不思議な雰囲気に溢れていますね。
中学生の時、星新一のショートショートを読んでイメージしたような
世界が垣間見える感じ。お花とか木とか、モデルがあるのかなあ。
謎めいていて、この先の続きが楽しみです。

binbirdさま

どうもありがとう♪
そう、あのときのカエルさんがモデルです。
夫には「卵が花型に切ったゆで卵にしか見えない!」と
さんざん文句を言われたのよ~
否定できないところが…(T▽T)

あぁら~、何をおっしゃる!
binbirdさんの健脚ぶりには、いつも驚かされてますよ。
きっと本堂までじゃもの足りなくて、
奥の院までさっさか行っちゃうわよ~(^ ^)
かかった時間は、植物を見たり休憩したりしながらゆっくり登って、
1時間くらいだったかな?
けっこうワイルドな石段なので、ストックを突きながら歩きました。

ひとつひとつの図案には、きっとデザイナーさんの思いや
色んな意味が込められているのだろうけど、本当に謎だらけ(^◇^;)
この木、枝の広がり方はバオバブに似ているけど、
幹がとっても細くて、節みたいなのがあって…。
モデルがあるなら、見てみたいなぁ。

星新一のショートショート、私も中学生の頃にはまって、
文庫本を買いまくってました。
「ボッコちゃん」とか「気まぐれロボット」とか、懐かしいなぁ。
久しぶりに読んでみたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いやはや… | トップページ | バードケーキの作り方 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ