« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

しろくまくん♪

アポイギキョウが咲きました。

Photo1
茎が徒長して倒れてしまったので、切り花にして玄関に♪


空色リネンのステッチ、最初の文字が完成しました。

Photo2
ずっと刺してみたかったけど、あんまり大きすぎて
出番のなかったこの文字を、まずは中央に刺しました。

Photo3
それにしてもでかいな、こりゃ( ̄_ ̄ i)
四つ切サイズが、この一文字だけで想定以上に埋まってしまった…。
端に寄せた方がよかったかしら。
枠を動かす余地はあるので、ちょっと考えます。

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この前スーパーで、こんなの見つけました♪

Photo4
白くまアイス、だ~いすき(人゚∀゚*)
練乳味にとにかく弱いんです。
それが蒸しパンになったとあっては、食べてみねば。

ミルク味の蒸しパンの上に、ドライパインやパパイヤ、
小豆などがトッピングしてあります。
ちゃんと練乳もかかっていて、おいしかったです~♪
練乳増量希望 (´ω`)

空色リネン

ヤマホタルブクロが満開です。

Photo1
雨粒がたまって、しっとり♪

それにしても、どっかの山の中みたいに
うっそうとしてますね。むむむ…( ̄_ ̄ i)

Photo2
クチナシも花盛り。
ほのかに甘い香りが漂っています。

クチナシにはオオスカシバの幼虫がたくさん付くので、
ヒヨドリがヒナのための食べ物を探しによく来ています。
たんとおあがり~(^ ^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

月曜日にユザワヤさんに行って、額を買ってきました♪

Photo3
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

しわが伸びて、ピシッとしたでしょ(*^ ^*)
45cm角の額は、実際手に取ると思った以上に大きくて、
持って帰るのが大変でした。

吉祥寺まで行ったので、ちょっと気になっていたカエルグッズの
専門店、「Cave」を覗いてみました。
店内に所狭しと詰め込まれた商品は、まあ見事にカエルばかり。
私はどちらかというとリアルなカエルが好きなんだけど、
こちらは割とファンシーなデザインのものが多かったかな。

Photo4
てなことを言いつつ、思わず買ってしまったのは
こんなかわいらしいコ。
スワロフスキーで着飾ったカエルの女の子です。
首が動くの~(≧∇≦)

Photo5
こちらは今ステッチ中のもの。

Jujuさんにいただいた青いリネン、
何に使おうかと構想を練ってきましたが、
このたび満を持して刺し始めました~♪
写真は鮮やかな水色になっちゃったけど、
本当は少しスモーキーなブルーです。
色々なデザインの"Y"を、四つ切サイズの中に
Ecru1色で刺していくつもりです。

Photo6
これらの本を資料に、時間をかけて少しずつ
埋めていこうと思います。

小鳥のニードルマインダー

ギボウシの花が咲きました。

Photo1
このゴールドドロップは元気いっぱい!
ときどき風通しをよくするために葉っぱをすいてやるんだけど、
あっという間にまた、こんもり密に茂ってしまいます。
隣のタンチョウソウ(丹頂草)が
追いやられて小さくなってます(^_^;)

Photo2
フランシスウイリアムズも、重たいほど大きな花房が
たくさん出ました♪

Photo3
ワレモコウの葉っぱのギザギザひとつひとつに、
小さな水玉が付いていました。

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


先日Jujuさんにいただいたニードルマインダーのキットが
完成しました~(^ ^)

Photo4
M'LADY'S NEEDLE NANNY (c)2008 Twisted Oaks Designs
stitch count 38w x 27h DMC1色
28ct  DMC natural linen

シックな雰囲気を目指して、ナチュラルリネンに黒でステッチ。
初めての1over1にはだいぶ手こずりました…(-"-;A
目が揃わないし、裏糸が織糸の中にもぐり込んでしまうので、
糸の始末がしにくい~(>_<)
でも出来上がってみれば、まあまあ許容範囲かなと。

Photo5
道具箱にしているクッキーの缶のふたにくっつけて
使うことにしました。
糸を付け替えるときとか、ちょっと針を休めるのに重宝です♪
Jujuさん、どうもありがとう!(^ ^)

「オオカミとキツネ」完成~♪

「オオカミとキツネ」が、ついに完成しました~\(^o^)/
刺し始めたのが去年の7月下旬なので、
11ヶ月近くかかったことになります。

Photo1
最後の枠には、それぞれのお話のタイトルが入りました。

上から オオカミとコウノトリ
     馬とオオカミ
     カラスとキツネ
     オオカミと子羊
     キツネとコウノトリ
     羊飼いになったオオカミ
     キツネと牡山羊       と書いてあります。

Photo2
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages
stitch count 276w x 276h 1色
36ct  natural linen


まだシワシワですが…(^◇^;)ゞ
すぐにでも額装したいところだけれど、近くの画材屋さんには
サイズがありませんでした。
45cm角が欲しかったんだけど、40cm角までしかなかった…(T T)
ユザワヤさんまで見に行こうかなぁ。早く飾りたいよ~。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

久しぶりにケーキを焼きました。
今年の夏は節電の夏。
電力に余裕がある今のうちに、
冷凍バターの在庫を使ってしまいたいと思って。

Photo3
卵の重量に合わせて他の材料を量った、
本当のカトルカールです。
バターも砂糖も手加減ない量(^_^;)
ちょっとひびの入り方が美しくないけど、
いい感じにふくらみました~♪

Photo4
やった~、大成功!(*^ω^*)
バターたっぷりなのに、食感はふわふわと軽く
いくらでも食べられるという、大変危険なケーキです。

バターあと100g残ってるけど、どうしようかな。
なるべく早く使っちゃいたいし…。
昔は夏が近づくと必死にダイエットしたものだけど、
最早そんなことはどーでもよくなってしまっている
自分がいます…( ̄▽ ̄)ゞ

うれしいサプライズ♪

一昨日、いつものように何気に郵便受けを開けると、
何やら分厚い封筒が。
Jujuさんからの思いがけないプレゼントでした~\(^o^)/

Photo1

きれいなチョコミント色のビッグトートは、
肩掛け用と手提げ用の2組の持ち手がついて、
とても使い勝手がよさそう。
たっぷり大容量なので、お買い物に大活躍間違いなしです♪
それにブローチみたいなかわいいニードルマインダーのキットと、
みかんとクランベリーの甘~い香りがする車用のフレグランス。
どれもすごくうれしい~(*^ ^*) Jujuさん、どうもありがとう!

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

昨夜はモリアオガエルを見に、西多摩の方に行ってきました。

Photo2
現場の溜め池に着くと、すぐに卵塊が目に入りました。
池の上に張り出した木の枝に泡の塊を作り、
その中に卵を産み付けます。
大きさはソフトボールくらいかな?

Photo3
池の周りの木をよく探すと、いました~♪
何だかお疲れ気味?みたいなポーズで、枝にとまっていました。
アオガエルの仲間は木の上で生活するので、
指先の吸盤がとても大きいんです。

Photo4
これは別のコ。
か、かわいい…(///∇//)

しばらくじっと息をひそめていると、あちこちから鳴き声が
わき上がり、大合唱になりました。
また、背後の高木から滑空する
ムササビのシルエットも見ることができました。
もしかしてホタルも…と期待していたけど、
それには少し早過ぎたみたい。

オオカミとキツネ~「オオカミとコウノトリ」完成♪

「この前の梅雨入り発表はフライングだったんじゃないの?」と
言いたくなるような、いいお天気♪
庭では初夏の花が次々に咲き出しています。

Photo1
レンギョウの枝の中から顔を出したエゾゼンテイカ(蝦夷禅庭花)。
ニッコウキスゲととても近い植物で、同種とする説もあるようです。
しべまでぜ~んぶ黄色。

Photo2
ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)
日本の山に自生するシャクヤクです。
中国原産の園芸種と比べると、とても小さくて簡素な花です。

Photo3
でも、このちょっと皺っぽい繊細な花びらも、
控えめな紅色も大好き♪

Photo4
ピンクのキョウガノコ(京鹿子)に、紫色のハナシノブ(花忍)。
年々巨大化するギボウシ「フランシスウイリアムズ」の
大きな葉が覆いかぶさろうとしています(^ ^;)

Photo5
キョウガノコの花のアップ。
濃いピンクで、ふわっふわです。
子どもの頃好きだった桜でんぶを連想しちゃう(*^m^)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「オオカミとキツネ」の最後のお話、
「オオカミとコウノトリ」が完成しました。

Photo6

のどに骨が刺さって困ったオオカミは、
コウノトリにその長いくちばしで骨を抜いてくれないかと頼みます。
たっぷり謝礼を払うからと。
ところがコウノトリがオオカミののどから骨を抜き取り、
約束のお金を要求すると、オオカミは言い放ちました。
「報酬ならもう十分やっただろう。
俺様の口から無事に出られたんだからな!」

とほほ~(T▽T)
でも本当に、頭をガブリとやられなくてよかったね。

Photo7
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

最後の枠はほとんど文字だけです。
あとちょっと。がんばるぞ~┗(^o^)┛

北欧の手しごと展

Photo1
「北欧の手しごと展」を見てきました。
場所はヤマナシヘムスロイド表参道店。

Photo2
建物にリボンがかかってます!かわい~い(*^ ^*)
衛兵さんが出迎えてくれました。

展示はフレメのクロスステッチ作品を中心に、
スウェーデン織のクッションやタペストリー、
ドロンワークやハーダンガー刺繍などなど。

実際にステッチされたフレメ作品を見たのは初めて。
色合いも風合いもふんわり柔らかな感じで、
DMC糸で刺したものとは全く別の魅力がありますね。
花糸は色数が少ないのに、
すごく多彩な表現ができることにもびっくり。
実物を見て、ますます好きになりました(^ ^)
お茶とお菓子をいただきながら、
座って一息つけたのもうれしかったわ~。

Photo3
最後にショップを覗いて、スウェーデン織のテープと
2010年のカレンダーを購入しました。

カレンダーに収められた図案は、切り絵作家Sonia Brandesさんの
作品をクロスステッチチャートにおこしたもの。
ウサギや鳥などの動物と花を組み合わせたデザインで、
元気の出そうな明るい色で刺されています。
クッションやバッグなどの作例もたくさん載っていて、
その布合わせがとにかく素敵!
北欧らしい大胆なプリント地と合わせたりしてるんだけど、
それが全然うるさくなくて、ぴったりなじんでいるんです。
「こういうのを作ってみたい!」という気持ちにさせてくれます。

「北欧の手しごと展」は表参道での展示を終えた後、
岡山、大阪などへ巡回する予定だそうです。

Photo4
お土産に青山通りの「A.R.I」さんでマフィンを買って帰りました。
もう一刻も早く食べたくて、大急ぎで撮ったのでこんな写真(^◇^;)
アメリカンチェリーカスタードと、バナナサワークリーム。
見た目同様、虚飾のない素朴なおいしさで大好きな味でした。
次行ったら、大きいサイズを買いたいな。
あと、甘くないお食事マフィンも試してみたいです。

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo5
すっかりフレメの魅力に開眼してしまい、
カタログを取り寄せちゃいました。

Photo6
眺めてるだけで幸せ~♪

こちらは少し前に作った、イエスズメのピンクッション。
Photo7
"Prairie Birds" designed by Pam Brunke
(c)1989 The Prairie Schooler, Inc.
stitch count 49w x 45h DMC6色
32ct  natural linen

Photo8
裏は焦げ茶の小花模様のコットン。
この子ははるばるスコットランドまでお嫁に行きました。
お友達から無事着いたと連絡があったので、お披露目です(^ ^)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ