« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | あれから »

計画停電

当地では15日から計画停電が始まりました。
15日には2時間、16日には3時間、電気が止まりました。
これを書いている今現在も停電中です。
(記事のアップは通電してから行います)

冷蔵庫については、凍らせた保冷剤をいくつか冷蔵室に置き、
停電中は一切扉を開けないようにしています。
今の時期なら、それで全く問題ないようです。
食事の支度は電気のあるときに、煮物やシチューを
2~3回分まとめて作るようにしています。
非常時を言い訳に、かなり手抜きかも。
暖房は湯たんぽと毛布。
夜間の停電だとほとんど何もできないので、
手回し発電のラジオを聞いたりして過ごしています。
懐中電灯にスーパーのレジ袋をかぶせるといいとラジオで聞いて
試してみましたが、これは本当に役に立ちました。
懐中電灯は一点を集中的に照らすようにできていますが、
白いポリ袋をかぶせることで光が拡散し、
部屋全体がぼおっと明るくなるんです。
もちろんとてもつつましい明かりだけれど、
物の輪郭がきちんと見えるというのは、安心感があります。
気がかりなのは、雑貨屋さんでろうそくを買い求める人を
大勢見かけたこと。
ねじりん棒みたいな背の高いものも沢山売れていました。
火事にならないといいのだけど。

今日は少し買い物してきましたが、
皆殺気だって刺々しい雰囲気に包まれていて、
ちょっと悲しかったです。
水道もガスも正常だし、停電だって一時的なものなのに、
どうして大量のミネラルウォーターやカップめんを
買い込まなければいけないんでしょう。
確かに物によっては入荷が途切れがちだし、停電のため
開店時間も不規則で、全くいつも通りの生活をするのは
無理かもしれません。
でも、みんながほんの少しずつ不自由を我慢すれば、
十分に回っていくはずです。
被災された方々は、本当に過酷な状況に
置かれているのですから。

節電に努める。
余計な買いだめをしない。
なるべく車を使わない。
義援金を送る。
今できることはほんの少ししか思いつかないけど、
自分にできることをきちんとしていこうと思います。

被災されたすべての方々に、
必要なものが一刻も早く届きますように。

Photo1

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | あれから »

コメント

こんばんは。

計画停電中の様子、しっかりココロにきざませていただきます。

こちらも、県境の村では住民の方々が避難生活をされています。
長野市内は被害もなく 通常の生活であるのですが、スーパーでは電池もトイレットペーパーも品切れで、食パンやカップめんは一人一個の制限を設けないと売り切れてしまう状態です・・

私も 買いだめはしない と決めています。
自分ができることは限られているけど、それをすることが大切だと思っています。

懐中電灯にスーパーの袋とは考えたものですね。
我が家ではまだ停電になっていないのですが、
ろうそくや、ランタンみたいなものがなく、
懐中電灯の直線的な明かりだと心もとないなと思っていたので
とても良い事を教わりました。
夕飯は早めか遅めに食べればいいななんて軽く考えてます。
冷蔵庫に保冷剤というのも良いアイデアですね。
しっかり学ばせていただきました。
いつも電気に依存している生活なので、
停電になって、そのありがたみを知るのもいい経験だと
自分に言い聞かせてます。
きっと思ってもいない不便な事とか出て来るのでしょうね。
そうして学んでまた、改善です。

ぴよはちさま

こんにちは。

長野でもそんなことになっているんですね…。
あと何日かしたら、みんな落ち着いてくるかしら。

東京では長野や静岡の地震については、
全くと言っていいほど報道がありません。
かなりの被害が出ていると思うんだけど…。
避難されている方たち、きちんと支援を受けられているのかな。

いろんな怪情報が飛び交っているようですが、
そういうものに惑わされずに、
しっかり地に足付けて暮らしていきたいですね。

ravensaraさま

停電時のいろんな工夫、ネット上にたくさん紹介されていますよ。
毎日停電している地区もあれば、一度も停電してない地区も
けっこうあるようですね。
やっぱり、切りやすいところと切りにくいところ
(例えば鉄道の変電所が含まれるとか)があるんでしょう。
それをとやかく言っても仕方がないので、
「我々はそれだけ世の中に貢献しているんだ!」と思って
乗り切るしかないです。
ただ停電しない地域の人たちにも、
本当に真剣に節電に取り組んでほしいです。

Yuponさんのところでは停電が実施されたのですね。
平日は八王子内の職場にいますが、こちらではまだ実施されていません。
昨日は会社のお使いで聖蹟桜ヶ丘のみずほ銀行に行きましたが、
私が到着する直前までは停電していたようです。
みずほはオンラインシステムにトラブルが生じていたので、
窓口は相当混雑するのではないかと思っていたのですが、
停電のおかげ(?)で順番待ちの人が少なかったのでラッキーでした(^^;)

懐中電灯にスーパーのレジ袋というのは面白いアイディアですね。
そう言えばもう何年も停電って経験していない気がします。
家にある懐中電灯も電池切れのまま数年放置状態でした(^^;)
近所のスーパーやコンビニからパンが消えてしまい、なかなか買えなかったけど、
昨日職場近くのパン屋さんでやっと食パンを買うことができました。
大きな被害が出ているわけではないのに物の買いだめに走るって、
謎の消費者心理ですね。
一種のパニック状態なんでしょうかね?(-_-;)

Atsukoさま

週末になって、久しぶりに停電から解放されました。
明日も大丈夫みたい。やれやれです。

非常持ち出し袋は前から準備してあったんですが、
こんな形で役に立つ日が来るとは思いませんでした。
いまいち本気度の薄い、気合いの入らない
持ち出し袋だったけど、それでも懐中電灯や予備の電池、
電池のいらないライト付きラジオなどが入れてあったし、
食料もある程度買い置きがあったので、
気持ちにゆとりを持って過ごせてます。

地震直後はみんな普通に買い物してたのに…。
停電が始まったことで危機感が高まったのと、
お店で実際空っぽの棚を見て慌ててしまって、
不安がふくれ上がっているのかな。
今、手に入らなくて一番残念なのは牛乳。
ほとんど東北から来てたからね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | あれから »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ