« 明けましておめでとうございます | トップページ | 鳥の落とし物 »

無残…(T T)

年末、翌日はいよいよ里帰りという日の朝、
カーテンを開けるとこんな光景が…。

Photo1

うぅ…、タヌキの仕業です。
少し前から落花生のリースが食いちぎられたり、
餌台の柿がこつ然と消えたりということがあって、
夜間はカゴをかぶせるようにしていました。
それでしばらくは大丈夫だったけれど、留守中のごはんにと
バードケーキを置いた途端にこの有様_| ̄|○ガックシ
脂のにおいが辛抱たまらなかったんでしょうね。
こんな馬鹿力を発揮するとは…。

Photo2

バードケーキは金網でくるんで、混んだ枝の中にくくり付けました。
鳥が食べているところは見づらくなっちゃったけど、仕方ない。

そして、今朝発見した新たな被害…

Photo3

あぁ、我が家のささやかなシイタケ園が(T▽T)

自然界の食べ物が足りないらしく、庭に来る鳥が多い今年の冬。
体の大きなタヌキにとって、食糧不足はより深刻なんでしょう。
この辺りが緑豊かな丘陵地だったころから、
ずっと暮らし続けているであろうタヌキたち。
平和的に共存したいけど、どうしたもんだか…。

Photo4
タヌ吉さんのタックルを受けて、
すっかり傾いてしまった餌台です。

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この本…

Photo5

内海慶一さんの「100均フリーダム」(BNN新社)
100均で売られている、ちょっとおかしなグッズを集めた本です。
お友達のぴよはちさんから教わって、図書館で借りてみました。
表紙のパンダの目力にすっかりやられてしまいましたよ。
他にも全く意味のわからないもの、怪しすぎるもの満載。

Photo6_2
このパンダの顔、じーーっと見てると
「眉毛の太いオッサン」にしか見えなくなってくる…(^ ^;)

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 鳥の落とし物 »

コメント

お帰りなさ〜い。
実家での鳥見はどうでしたか?
餌台大変なことになっていましたね・・・f^^:
タヌキ用に餌を置いて、
罠を仕掛けてタヌキ汁にしちゃいましょう(笑)
時間を決めて餌を置くと、
その時間に出て来て姿が見られるかも?
野生の動物の姿を見ると楽しいですよ〜。

自然界の食料も減ってきてるのね。
そういう意味ではたぬきも可哀相よね(T T)
こちらもたくさんラクーンや鹿、うさぎなど見られるけど、どうなんだろうな~。
家庭菜園してるところは、やっぱりちゃんと柵を作ってるみたいだけど。

100均の可笑しなアイテムの本があるのね。
なんだか面白そう。
このおっさんパンダ、映画のカンフーパンダになんだか似てるね(^m^)

フクロウさま

ただいまです~。
実家では父の日課の、近くの公園への鳥見散歩に
付き合ったりしていました。
カワアイサが20羽くらい入っていたり、シメの小群がいたりして
けっこう楽しめました。
ソウシチョウも鳴いてたなぁ(^ ^;)
フクロウさんのおかげできれいなハイチュウも見れたし、
いいお正月でした♪

以前、裏山が開発される前には、
昼間にタヌキを見かけることもありました。
疥癬で見るも哀れな姿をしてるのが多いんですよ。
食欲わかないわ~( ̄▽ ̄;)
一度、夜中に4匹位のタヌキが庭に集まって、
運動会みたいに大騒ぎしていたこともあったそうです。
ものすごくうるさかったらしいんだけど、
私は何も知らずにグースカ寝ていて、
大いに呆れられました(>ω<)ゞ

Jujuさま

食べ物の乏しい冬を越すのは、
野生の生き物にとっては大変なことですよね。
花壇や家庭菜園がウサギや鹿に襲われたら、
ひとたまりもないでしょうね( ̄_ ̄ i)
タヌキは花壇の草木を食べない分、まだマシかなぁ。
ラクーンって何だっけと思ったら、アライグマのことなのね。
昔住んでいたところの近くの公園みたいな空き地みたいなところに、
いつもアライグマがつながれていました(誰かのペット?)。
前の道を通るたびに、「ラスカル~」と声をかけてたわ~(^m^*)
アライグマも相当破壊力ありそうね。

「100均フリーダム」、脱力系のとっても面白い本でした♪
おっさんパンダ、ふてぶてしい感じがカンフーパンダに似てる~。
パンダをこれだけかわいくなく作るって、ある種の才能かも。

こんばんはchick

あぁ・・餌台がcoldsweats02
タヌキも食料不足なんですね・・
ほんと、平和的共存願えども、、なかなか難しいですね。。

「どうも、パンダさん、お久しぶり!」って、思わず声をかけたくなってしまいました~catface
・・やっぱり、何度見ても、、スゴイインパクト・・
本の中に載ってるような怪しいモノを まだ実際100均で見たことがないので、見つけた時には「!!」って思って 買ってしまうかも と思ったりcoldsweats01
(怪しい品の数々が 脳裏に蘇ります~sweat01

ぴよはちさま

こんばんはnote
この辺りも緑地がすっかり少なくなったのに、
タヌキたちはどこでどうやって暮らしているのかな、って思います。
近所の畑を荒らしたりしてないといいんだけどthink

面白い本を教えてくださってありがとうございました。
家族で回し読みして楽しみましたよ~。
「怨恨芸者」とか、すごいよねhappy02
私もこの前100均を覗いてみたんだけど、
この本に載っているほど変てこなものは見つけられませんでした。
もしこのパンダを見つけたら、きっと買っちゃう…coldsweats01

あちゃー、タヌキさんたら派手にやらかしてくれたものですね。
えさ台の傾き具合がタヌキの尋常ならぬ情熱(?)を
現しているような(^_^;
気持ちはわかる、わかるけどこれはいけないよ~と諭したいけど…
食べ物が乏しい今の季節、野生動物も生きるのに必死だと思うと
複雑になりますよね。
最近はパタッと来なくなったけど、うちもリスやウサギの暴挙に
悩まされたから、とても他人事とは思えません。
シイタケも残念でしたね。栽培はかなり手間が掛かるのでしょう?

パンダおじさんの目力が確かにすごい!!。
じっと見てたら、アヤシイ魔法を掛けられて得体の知れない100均グッズにされちゃいそうです。

binbirdさま

やってくれましたよ~、タヌキさん。
どんな具合に餌台と格闘しているのか、ちょっと見てみたい(^ ^;)
3年位前には、庭の端っこにタヌキの溜めフンを発見して
困惑しました。
昔の洗濯だらい1杯位の量があって、それはそれは…(-"-;A
シイタケのほだ木は、ちゃんと立て直しておけば
春にはまた収穫できるかと思うんだけど、
あぁ、でもオシッコとかひっかけられてたらどうしよう。ひ~~(T▽T)
binbirdさんのお庭、最近はリスもウサギも姿を見せないんですね。
眺める分にはとってもかわいらしい動物たちだけど、
食害は深刻ですよね。

ふふ、binbirdさんの妄想ワールド炸裂ですね(^m^*)
今夜あたり、おっさんパンダが夢枕に立ったりして~♪

タヌキが出るのね(^^;)
多摩地区ってジブリのタヌキ合戦のモデルだと
聞いたことがあったけど、本当にいるんですね。
ビックリだわ(@@)

100均、時々行くけどいつも目的のものを買うだけで
じっくり見たことが意外と無いかも。
今度ゆっくり見てみようかしらん。
思わぬ発見があるかも(^m^)

Atsukoさま

びっくりでしょ?(^◇^;)
タヌキって細いU字溝の中にすみついたりもするらしいし、
けっこう逞しいみたい。
バードケーキを金網に入れてからは、
目につく被害もなく、平和です(^ ^)

私もたまに100均に行っても、買うのは荷造りひもとか
針金とかおよそ面白みのないものばかりで、
この本に載っているグッズはすごく衝撃的でした。
一度すみずみまでゆっくり見てみようかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 鳥の落とし物 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ