« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

Fall Fields ~完成!~

Photo1
今、モミジの紅葉が最高にきれいです。
あの色と光を、そのまま写し取れたらなぁ。難しい~(>_<)

リースを作った殻付き落花生がまだ沢山残っているので、
(夫のつまみにあげたら、「この落花生、まずい…」ですと。
 まあね、確かに激安だったわよ  ̄▽ ̄;)
餌台の方にも取り付けてみました。

Photo2

丸いリースよりも、こっちの方が人気になっちゃった。
この作り方の方が食べやすいのか、単に窓から離れているから
来やすいのか、そこのところは不明です。

Photo3
危険がないか、よ~く確認。

Photo4
よいしょ…。

Photo5
もう少し…。

Photo6
取れた♪

Photo7
たま~にヤマガラもつつきに来るけど、
やっぱりさほど執着ないみたい。喜んでくれると思ったのになぁ。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

"Fall Fields"、最後はリスさんでした(^ ^)

Photo8
おいしそうに木の実を食べているところ。
口元の ω の部分がツボです(≧∇≦)
このチャートには全部で9種類の動物が登場するけれど、
今回はこれで完成。
早速額装しました。

Photo9
FALL FIELDS designed by Pamela Byrd Smith
(c)2009 The Prairie Schooler, Inc.
stitch count 70w x 88h  DMC12色
Permin 32ct Lambswool Linen


年末実家に帰るときに持っていって、
プレゼントするつもりです(^ ^)

橙と紫

数日前に雪虫が飛んでいるのを見かけました。
まだまだ秋の気分を楽しみたいけど、もう冬なのかなぁ。

Photo1_2
おととい散歩に出かけた公園。
メタセコイアの大木がはっとするほどきれいでした。
今の時期、遅い午後に散歩に出かけると、
帰る頃にはぐっと冷え込んできますね(> <)
速足で歩いてポカポカしていた体が、いっぺんに冷たくなりました。
 
Photo2
うちのドウダンツツジも、いい味出してます。
今年はいろんな木の紅葉が、いつもよりきれいな気がします。
この木、去年はすぐに葉っぱが枯れたようになって、
そのまま散ってしまったんですよ。
隣の公園の桜もいつになく真っ赤に色付いて、
落ち葉掃きをするのがちょっと楽しい♪

Photo3
枯れていくギボウシの葉も、なかなか美しいものです。

Photo4
黄色く色付き始めた葉に、紫色の実が鮮やかなヤブムラサキ。

Photo5
アケビみたいな色のさやが目を引くのは、ノササゲ。

Photo6
しばらくすると、さやがはじけて反り返り、
黒豆みたいな実が出てきます。

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

小さなクリスマスツリーを買っちゃいました♪

Photo7

木製の素朴なツリーです。12月になったら飾るつもり。
楽しみだなぁ(*^-^)

Fall Fields ~キジ~

沢山あった紅玉も、ジャムを煮たり…

Photo1
このきれいな色は紅玉ならでは(*^ ^*)

豚肉で巻いて甘辛く煮たり、
煮りんごや焼きりんごにしたりして着々と消費。

そして最後の1個で、このアップルパイを焼きました。

Photo2
冷凍パイシートの扱いはどうも苦手なんですが、
今までで一番それらしくできました♪
まぁ、ちょっといびつですけどね(>ω<)ゞ

Photo3
フィリングは皮ごと煮たので、ほんのりピンク色。

子供の頃、アップルパイを焼くのが得意な女の子が主人公の
少女マンガがありました。
田舎の小学生だった私にとって、それは未知の食べ物…。
激しく憧れていたことを懐かしく思い出します(^ ^)


            .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


Fall Fields、3つ目のモチーフはキジでした。

Photo4
FALL FIELDS designed by Pamela Byrd Smith
(c)2009 The Prairie Schooler, Inc.


日本のキジとは模様が違います。これはコウライキジ。
アメリカには18世紀に、狩猟目的で持ち込まれたそうです。
ウサギもマガモも色分けが単純だったので、
胸や翼の模様を数えるのが面倒でした~。
すっかり怠け者になってしまった…( ̄▽ ̄;)

秋深まる

このところ夜に冷え込むようになったせいか、
モミジが日に日に赤さを増しています。

Photo1
ミズキの黄色と紅色のグラデーションも好きです♪

Photo7
隣の公園の桜もすっかり色付いて、
葉を盛大に散らせています。

Photo2
シイタケの収穫も始まりましたよ(^ ^)

そして、庭は沢山の鳥たちで活気にあふれています。
今年はヤマガラが集団でやってきては、猛烈な勢いで
ヒマワリの種を運んでいきます。
フィーダー一杯の種が、数日で空になってしまいます。

Photo3
君たち、そんなに隠しておいて、後でちゃんと食べるのかね?
変なとこから芽が出ちゃって、
せっせと摘む身にもなってくださいな…(^ ^;)
ヤマガラは相変わらず落花生にあまり興味がないようで、
混雑時にはシジュウカラと上下に分かれて、
ケンカせずにうまいことやっている様子。

Photo4
これはガビチョウ。目の周りの白い勾玉模様が特徴です。
ヤマガラやシジュウカラが地面に落とした
ヒマワリの種を食べています。
すっかり我が家の留鳥になってしまいましたが、
もともと日本にすむ鳥ではありません。
観賞用に中国から持ち込まれたものが、
逃げ出したり放されたりして野生化し、定着したものです。
ガビチョウ自身に罪はないけれど、生息環境が競合する
日本の鳥が居場所を追われる可能性もあり、頭が痛いです。

Photo5
ヒヨちゃんは今のところ柿の木を見張るのに忙しいようで、
餌台には来ていません。
ちょこんとした足がかわいいなぁ(^ ^)

Photo6
こちらは今シーズン初めて姿を見せたシロハラさんですが、
思いがけない災難に…。
窓ガラスに激突してしまったんです(> <)
一瞬「くちばし折れてる!?Σ(゚д゚;)」と慌てましたが、
よく見たら泥がくっついてるだけでした。ほ~。
頭を打ってクラッとしてしまったのか、しばらく茫然と
うずくまっていましたが、その後無事に飛び立ちました。

これに懲りずに、うちに滞在してくれるとうれしいです。

Fall Fields ~マガモ~

昨日は暖かで気持ちのいいお天気だったので、
近くの公園までお散歩しました。
ちょうど園内ではアート作品の野外展が行われていました。

Photo1
東屋の周りでは、無数の花びらがキラキラと風に揺れていたり…

Photo2
竹薮の中に、小さな町が出現していたり。

他にも沢山の作品があって、見慣れた場所がちょっとした
異空間に変わってしまったような面白さがありました。

こちらはアート作品ではないけれど…
Photo3
なかなかに芸術的な造形のキノコです(^ ^)
木陰にひっそり生えていました。

キノコといえば、先日うちの庭にもこんなのが生えました。
Photo4
カニノツメというキノコです。
形といい、ざらざらした肌の感じといい、薄赤い色合いといい、
まさに蟹の爪!(≧∇≦)


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


ステッチの方は、夕暮れ空を飛ぶマガモができました♪

Photo5
FALL FIELDS designed by Pamela Byrd Smith
(c)2009 The Prairie Schooler, Inc.


ガマの穂も真っ赤に燃えています。

冬の備え

今日はインフルエンザの予防接種を受けてきました。
5年位前に感染してひどい目に遭ってから、
毎年受けるようにしています。
今年のは、新型と季節性の混合ワクチンだそうですよ。
病院に行ったついでに、多摩川をちょっとお散歩。

Photo1
気持ちのいい青空です。
暖かい南風が吹いて、汗ばむほど。
でも河川敷はもう枯れ色に変わっていました。


軒下のフィーダーだけ先行オープンしていた我が家の
バードレストラン、このほど本格開店しました。

Photo2
餌台を立てて、とりあえずみかんだけ置きました。
まだ自然の食べ物も多いので、様子を見ながら少しずつ。

Photo3
水盤も設置しました。
シジュウカラが早速水浴びしていましたよ(^ ^)

先日作った落花生のリース、
シジュウカラのお気に召したようです♪
Photo4

Photo5
このコは殻をちぎってピーナツを取り出すのではなく、
ハサミで開けた小さな穴にくちばしを突っ込んで、
中身を一生懸命つついています。
それじゃ最後まで食べられないよ~(^ ^;)

Photo6
ときどきこちらを気にしながらも…

Photo7
ピーナツに夢中です(≧∇≦)

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo8
ゲンノショウコの種がはじけました。

Photo9
若い実。

Photo10
そして現在。
この形から、ミコシグサ(神輿草)という別名を持っています。
御神輿の屋根に当たる部分は、種をはじき飛ばすためのバネ。
はじける瞬間は見たことがないけど、
どれくらい飛ぶんでしょうね。
子供のころ遊んだホウセンカくらいかな?

Fall Fields ~ノウサギ~

去年いただいた落花生のリースがとても楽しかったので、
今年は自分で作ってみることにしました。

Photo1
まず、殻の両端にハサミで小さな窓を開けます。
ピーナツがちょっとだけ顔を出すくらいの大きさに。
落花生の殻は思った以上にもろくて、ぽろぽろと崩れてしまい、
意外に手こずりました。
バキッと割れてピーナツが外に出てしまっては元も子もないので、
慎重に…。
さらに、殻の真ん中あたりに針金を通すための穴を開けます。

Photo2
あとはどんどん針金に通して…

Photo3
出来上がり~\(^o^)/

Photo4
どうぞ召し上がれ♪

フィーダーの中のヒマワリの種がきれいな傾斜を作っているのは、
シジュウカラもヤマガラも、なるべく家から遠い方、
つまり左端から種を持っていくためです。

Photo5
これは庭木の支柱用に立ててあった枝ですが、
節穴のところにエゴノキの種が…(^ ^)
ヤマガラが隠したものです。
穴の中からだるまさんが覗いてるみたいで、何だかかわいい♪

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ステッチの方は、ちょっと新しいものを始めてしまいました(^ω^)ゞ
Prairie Schooler の "Fall Fields" です。

Photo6
FALL FIELDS designed by Pamela Byrd Smith
(c)2009 The Prairie Schooler, Inc.


まずはウサギさん。背景の草が未完成ですが…(汗)
"Fall Fields" には全部で9つのデザインが載っていますが、
その内4つを刺して、小さな額に仕上げるつもりです。

紅玉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ハロウィンの週末はあいにくのお天気でしたね。
イベントごとは盛り上がったのかしら?

Photo1
タイワンホトトギスがたくさん咲きました。
つぼみが短い足を踏ん張ってるみたいで、ちょっとかわいい♪

Photo2
ダイモンジソウ(大文字草)
名前の通り、花の形が「大」という字に似ています。
とても小さい、可憐な花です。

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


Photo3
毎年取り寄せている紅玉が、今年も届きました♪
全部で24個。がんばって加工しなくちゃ。

手始めに、生のまま焼き込むバターケーキを作りました。
ケーキを焼くのはすごく久しぶり。
もしかして、去年紅玉を買って以来かな?
1年ぶりということで、ベーキングパウダーがちと
古くなっているのを発見!Σ(;・∀・)
でも、ずっと乾燥庫にいれていたし……このまま決行(^◇^;)

Photo4
オーブンの中でケーキが膨らんでいくところって、
何度見てもわくわくします(^ ^)

Photo5
できた~(人゚∀゚*)
ちゃんと焼けました。よかったぁ。

Photo6
ジンジャーミルクティーと一緒に。おいしかったで~す♪

Photo7
毎年恒例のジュレも作りました。
黒いポツポツが見えるのは、こし取った果肉とラムレーズンを
煮込んだジャムです。
以上、この2日間の成果でした。

次は何を作ろうかな(^ ^)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ