« 秋の黄色い花たち | トップページ | 秋ごはん »

When Witches Go Riding ~完成!~

ちょっとの間、実家の方に行っていました。
いつも山中湖経由で帰るのですが、
(高速は滅多に使いません ^ ^;)
あの辺りはすでに空気がきりっと冷たくて、
モミジが赤くなり始めていました。

うちの庭でも少しずつ季節は動いていて、

Photo1
柿の実が色付き始め…

Photo2
ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)の実がはじけていました。
この毒々しいピンクと紫には、毎年ギョッとさせられます。

Photo3
花はこんなにかわいらしいのに。

Photo4
はじける前の、若い実。


     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


実家で爆刺ししたおかげで、
"When Witches Go Riding"が完成しました♪

Photo5
WHEN WITCHES GO RIDING designed by Pamela Byrd Smith
(c)2008 The Prairie Schooler, Inc.
stitch count 73H x 74W
Permin 32 count Lambswool Linen


新たに登場したキャラクターはJack-o’-Lanternと魔女でした。
どちらも味のあるよい表情を浮かべてますね(^ ^)
季節ものを刺すのって、やっぱり楽しいです。
早目にできてよかった~♪
この連休に額を買ってきて、飾れるようにしたいです。

« 秋の黄色い花たち | トップページ | 秋ごはん »

コメント

お帰りなさ~い\(^o^)/
ステッチ完成ですね。おめでとうございます♪
やっぱり、ウィッチさん、怖いぃ~。ひぃ~!
このチャートも色が少ないですが、上手く
ハロウィーンが表現されてますよね。

紅花山芍薬(舌噛みそう...)、色は毒々しいけど、
鮮やかで可愛いですね(^^)
柿の実も出来てるんですね。私の実家でも柿の実が
出来てるそうですが、カラスに食べられちゃうそうです。
次は、何の作品を刺されるのかな~?(^^)

わ、ビックリ、芍薬って実が成るんですね。
ブルーベリーみたいな実だけど、これも鳥さんは食べるのかしらん?
すごく鮮やかなピンク色、なんか不思議ですね。

このPrairie、一つ一つのモチーフがとても良いデザインですね。
バラバラに刺してもとても素敵なオーナメントが作れそう。
私は今年のハロウィンも出遅れてしまったけれど、
来年こそはPrairieのハロウィンを刺してみたいです(^^;)

Jujuさま

ただいま~(*^ω^*)ノ彡

どうもありがとうございます。
ウィッチさん、怖いですか~?
確かに「ケケケケッ」と、底意地の悪い
笑い声を立ててそうですね(*^m^)

黒とカボチャ色を合わせると、
ハロウィン感がすごく出ますよね。
このチャート、それぞれのキャラのデザインも
ケチ付けるところが見つからないくらい
優れているし、全体のバランスもよくて、
PSのハロウィンものの中で一番好きかも♪

ヤマシャクの実、遠くからでもパッと目を引く
鮮やかさですよ。
この柿は渋柿なので、全部鳥に献上しています(^ ^;)

ステッチの方は「オオカミとキツネ」に戻ります。
でも、この作品は長丁場になりそうなので、
またちょこちょこ小さなものを挟んでいくかも…。

Atsukoさま

ヤマシャクヤクは日本の山に自生する植物なので、
よく結実しますよ。
「立てば芍薬、座れば牡丹」の芍薬も
こんな実がなるのかしら?
この実、紫色のが果実で、
ピンクのはクッションみたいな不思議なものです。
ネットで調べたら、種を運ぶ鳥の目にとまりやすいように、
こんなに鮮やかな色をしているそうですよ(^ ^)

このチャートは本当に気に入っています♪
Prairieには突っ込みどころ満載の
隙だらけのデザインもあって、
それも一つの魅力になっていますが、
これはその対極にある感じ。
クリスマスものも、素敵なデザインのものが沢山ありますよ。
これからどうですか?(^ ^)

こんばんはchick
おかえりなさいです!

柿の実が美味しそう~ 秋ですねmaple
ベニバナヤマシャクヤク・・・
かわいらしいお花の時・お豆さんのような豪快な若い実の姿の時・そして はじけた実の色と姿・・・すごい変貌ですねcoldsweats02
はじけた実の ピンクのと紫のとは 同じ実なのですか?
2色の実ができるという感じでしょうか・・それもちょっと不思議で・・
薄桃色の楚々とした花からは 想像つかないですねsweat01

ステッチ完成・祝!
魔女もかぼちゃも、月も笑ってるのに・・黒猫チャンはシャーーcatface

ピヨハチさま

ただいま~note

この柿、形も扁平だし一見おいしそうなんだけど、
食べると渋~いんですbearing
焼酎で渋抜きすればいいのかもしれないけど、
そうまでして食べなくてもいいかと、
全部鳥たちに提供しています。

ヤマシャクの実は、紫の丸いのが種で、
ピンクの四角っぽいのは間を埋めるクッションのような、
不思議な感じなんです。
図鑑には「未熟種子」とあります…。
受粉しなかった種ということなのかな?
でも全部が丸い種になることは決してなくて、
いつも大体これくらいの割合なんですよ。
不思議catface

ありがとうございますshine
本当、猫ちゃん以外はみんな笑ってますね。
でも魔女とカボチャの笑顔は、
何だか腹に一物ありそうな感じsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の黄色い花たち | トップページ | 秋ごはん »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ