« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

オオカミとキツネ~「キツネとヤギ」完成♪

タイトルが若干ややこしいことになっていますが…(^◇^;)

「オオカミとキツネ」の中の「キツネとヤギ」のモチーフが
完成しました(^ ^)

Photo1
ある日キツネが井戸に落ちて出られなくなり困っていると、
ちょうどヤギが通りかかって尋ねました。
「キツネさん、その井戸の水はおいしいかい?」
キツネは何くわぬ顔をして「とってもおいしいから、ヤギさんも
降りてくるといいよ!」
のどの渇いていたヤギがすぐさま飛び降りると、
キツネは井戸から出られなくなったことを打ち明けます。
「君の背中と角をはしご代わりにまず僕が出て、
その後で君を助けてあげるよ。」
ところがキツネはヤギの背中を駆け上がって外に出ると、
そのまま行ってしまいます。
ヤギが井戸の中から「約束が違うじゃないか!」と叫ぶと、
キツネは振り返って言います。
「君の頭にもう少し脳みそが詰まっていれば、
出られるかどうか確かめもせずに飛び降りたりは
しなかっただろうにね。」

教訓:転ばぬ先の杖

実はお話の中には、こんな風に井戸の外に2匹が
揃っているシーンはありません。
井戸の中では、デザインがし辛かったのかしら?
ヤギさん、何とか脱出できるといいんですけれど(^ ^;)

Photo2
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages


            .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


しょうがシロップを作ってみました。

Photo3

ネット上には沢山のレシピがありますが、
今回は「ほぼ日」で公開されている糸井重里さんの作り方で。
カルダモンやクローブなどのスパイスが入ります。
茶色いのはきび砂糖を使っているから。
本当はしょうがはこし取って天日干しし、
しょうがチップに仕上げるのですが、
うちでは迅速かつ安全に干し上げるのが難しいので
(日当たりも風通しも悪い&虫だらけ T▽T)、このままで。
シロップは紅茶やホットミルクに入れたり、お湯で割って、
しょうがはそのままポリポリ。おいしいです(^ ^)
末端冷え性がひどいので、これからの寒い季節、
これで体を内側から温めたいと思います。

ジャパン バード フェスティバル

昨日は我孫子市の手賀沼の畔で開催された
ジャパンバードフェスティバルに行ってきました。

Photo1
双眼鏡や望遠鏡などの光学機器をはじめとする
様々なグッズの展示販売、鳥の絵や消しゴム版画の体験教室、
バードカービングや鳥の写真のコンテストなどが行われます。
パンフレットとポストカードの写真は、昨年受賞した
バードカービング作品です。

Photo2
お天気に恵まれたこともあって、けっこうな人出でした。
のんびりとブースを覗いて回り、お昼には手賀沼を眺めながら
焼きそばや磯部巻きを食べて、気持のいい週末でした(^ ^)
外で食べるごはんって、な~んかおいしいんですよね。

Photo3
会場が広いので、水上バスで移動するのも楽しみのひとつ。
船上から、紫色に霞むスカイツリーが見えました♪

Photo4
今年も鳥工房AYAさんのTシャツを2枚購入。
アオバズクとアカショウビンです。
年末に帰省するとき、両親にプレゼントするつもり。

Photo5
来年のカレンダーも買いました~♪
薮内正幸さんの手による、森の動物たち6種のイラストが
収められています。モモンガが超キュート!(≧∇≦)


     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


最近庭で咲いた花も、少しご紹介。

Photo6
キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)
ヤマホトトギスとはかなり趣が異なりますね。
「山里の貴婦人」とも呼ばれるそうですが、
大ぶりな釣鐘型の花は外側が明るい黄色、
中は鮮やかな赤い斑点に彩られ、華やかです。
本当はもっと沢山の花が付いて長~く枝垂れるのですが、
あんまり元気がないみたい。

Photo7
ゲンノショウコ(現の証拠)
道端にひっそり咲いているような花だけど、
青い雄しべがアクセントになって、かわいらしい花です。
花の大きさは直径1cm位。

Photo8
白花もあります。
花の後、種もユニークな形で楽しませてくれるんですよ(^ ^)

オオカミとキツネ~ヤギさんの運命は…?

例年、鳥のための餌台を設置するのは11月に入ってから。
最初は警戒するのか、実際に餌を取りに来るまで
数日はかかります。

今年は早くからカラ類が庭に入り浸っていたので、
とりあえずヒマワリ・フィーダーだけ、10月6日に取り付けました。
そしたら翌日には、もうシジュウカラがやってきました♪

Photo1

きっと自然界の食べ物が少ないのでしょう。
うちの庭のガマズミやウメモドキの実も、今年は少なめ。
熊もあちこちに出没していますしね。

Photo2

去年の冬には一度も姿を見せなかったヤマガラも、
毎日欠かさず来てくれます(^ ^)
Photo3
フィーダーにとまると、まずは安全確認。
シジュウカラや他のヤマガラが突っかかってくることが
ありますからね。
慌てて窓ガラスにぶつかってしまうことも(T T)
ヒマワリの種は十分あるのでケンカせずに食べてほしいけれど、
なかなかそうもいかないようで…。

Photo4
ヤマガラにはシジュウカラにない、貯食の習性があります。
その場で食べる分以外に、厳寒期に備えて
食べ物をあちこちに埋めておくんです。
これが始まるとすごい勢いでピストン輸送するので、
ヒマワリの種の補充が大変です(^ ^;)
そして、隠した分の何割くらいを実際に食べるか知らないけれど、
春には庭中、思いもよらないところから
沢山のヒマワリが芽を出します。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


「オオカミとキツネ」、井戸が出てきました。

Photo5
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

何だか悪い予感がしますねぇ(^◇^;)

秋色いろいろ

まだ夏日になるような日もあるけれど、
庭の景色は秋色が深まりつつあります。

Photo1
これはシデの仲間。アカシデ?
種が飛んできて勝手に生えたもので、はっきり分かりません。
黄色い葉が目立つようになってきました。

Photo2
ウメモドキの実が真っ赤に熟して、鳥の訪れを待っています。

Photo3_2
柿の葉の紅葉。
1枚1枚に表情があって大好きです。

Photo4
早くも実が食べられていました。
ヒヨドリかな、メジロかな?
ときどき声を聞くオナガも、食べに来てくれていたら
うれしいんだけれど(*^-^)

Photo5
ステップ代わりに置いてある丸太に、
謎のキノコがびっしり!(^ ^;)
年輪みたいな模様がきれいです。

           .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


注文していた来年の手帳が届きました♪
2006年からほぼ日手帳を使い始め、
以来全く浮気する気が起こらないほど気に入っています。

Photo6
ほぼ日手帳はお値段高めなので、
カバーは買ったり買わなかったりなのですが、
今年はとても気に入ったのがあったので購入しました。
トランシルバニア地方に伝わる伝統刺繍、
イーラーショシュの柄をデザインしたものだそうです。
光を反射して明るく写っていますが、
実際には黒い生地に黒でプリントされています。
左下にいるのは鳥かしら?(^ ^)

Photo7
こうして開いたときに、手を離してもページが戻らないのも
ポイント高いです。
文庫本サイズで1日1ページ。
日記や家計簿としても使うので、この分量がちょうどいいです。

新しい手帳って、何だかワクワクしますねo(*^▽^*)o

秋ごはん

Photo1
栗ご飯とサンマ。秋の食卓ですね~(´▽`)
今回、サンマは酢を利かせて、しょうがと八角の風味で。
黒くごちゃっとあるのは、一緒に煮た昆布です。
栗をむくのは苦手だけれど、とても甘くてほくほくで、
苦労が報われました(^ ^)
「栗くり坊主」も持っているけど、どうも上手く使えない…(T T)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この前完成した"When Witches Go Riding"を額装しました♪

Photo2
WHEN WITCHES GO RIDING designed by Pamela Byrd Smith
(c)2008 The Prairie Schooler, Inc.


近場ですませようとすると、なかなか額が選べません(>_<)
本当は焦げ茶のような濃い色のフレームがよかったんだけど、
これと白木しかありませんでした。
スタンド付きの額なので、玄関の下駄箱の上に飾りました。


ステッチの方は、「オオカミとキツネ」に戻りました。

Photo3
キツネさん登場です。
ヤギさんの背中をとんとん叩いて、何やら話しかけています。
無邪気なかわいらしい顔をしてるけど、
どんな悪だくみをしてるのかな?( ̄ー ̄)ニヤリ

Photo4
"Le Loup, le Renard" Compagnies des Ouvrages

When Witches Go Riding ~完成!~

ちょっとの間、実家の方に行っていました。
いつも山中湖経由で帰るのですが、
(高速は滅多に使いません ^ ^;)
あの辺りはすでに空気がきりっと冷たくて、
モミジが赤くなり始めていました。

うちの庭でも少しずつ季節は動いていて、

Photo1
柿の実が色付き始め…

Photo2
ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)の実がはじけていました。
この毒々しいピンクと紫には、毎年ギョッとさせられます。

Photo3
花はこんなにかわいらしいのに。

Photo4
はじける前の、若い実。


     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


実家で爆刺ししたおかげで、
"When Witches Go Riding"が完成しました♪

Photo5
WHEN WITCHES GO RIDING designed by Pamela Byrd Smith
(c)2008 The Prairie Schooler, Inc.
stitch count 73H x 74W
Permin 32 count Lambswool Linen


新たに登場したキャラクターはJack-o’-Lanternと魔女でした。
どちらも味のあるよい表情を浮かべてますね(^ ^)
季節ものを刺すのって、やっぱり楽しいです。
早目にできてよかった~♪
この連休に額を買ってきて、飾れるようにしたいです。

秋の黄色い花たち

今年はいつまでも猛暑がだらだら続いたせいか、
秋の花の咲き出しが遅れているようです。
株が暑さでくたびれてしまって、ちょっと元気がないみたい(´・ω・`)
最近咲いた花から…

Photo1
チャボホトトギス
とても草丈が低く、地面に這いつくばるように葉を広げます。
その葉の中に首をすくめるようにひっそりと咲く花は、
よほど注意してないと見落としてしまいそう。

Photo2
キバナアキギリ(黄花秋桐)
わざわざ「黄花」と付くのは、紫色の花が咲くアキギリがあるから。
学名はSalvia nipponica
 
Photo3
まさにサルビアの花ですね(^ ^)
この花も、摘まんでなめたら甘いのかなぁ。
小学生のとき、通学路沿いの花壇に植えられているサルビアの
蜜を、友達となめまくったものです(^◇^;)
お家の方、あのときはすみませんでした…。

Photo4
不思議な模様が浮き出していたマイヅルソウの実も、
すっかり熟して、真っ赤に染まっていました。

Photo5
時々行く園芸店、ハロウィーンのデコレーションがかわいいです♪
もう10月ですものね。何だか焦るわ~( ̄_ ̄ i)


明日から1週間ほど留守にしますので、
ブログもその間休みますo(_ _)o

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ