« イニシャル・ステッチの枕カバー | トップページ | お待ちしてましたm(_ _)m »

オオカミとキツネ 4

昨日は台風の影響で、本っ当にひさしぶりに雨が降りました。
東京でまとまった雨が降ったのは、実に4週間ぶりだそう。
ぐったり気味だった庭の植物たちも喜んでいるでしょう。
雨が空気を冷やしてくれて、人間もほっとひと息ヽ(´▽`)/
私の髪もひさしぶりにぼわっと膨らみました( ̄▽ ̄;)

ミツバチはどうしたかな?と気になって、
決死の覚悟で(蚊がものすごいので ^ ^;)見に行くと、
大事件が発生中!!

Photo1

巣がスズメバチに見つかってしまったんです(T T)
スズメバチが巣穴に近付くたびに、
ミツバチたちは一斉にブルブルっと体を震わせて、
懸命に威嚇しています。

Photo2

彼らニホンミツバチは、スズメバチに対して
布団蒸し攻撃という最終手段を持っています。
とはいえ、本格的な戦いになれば相当の犠牲は出るでしょう。
大丈夫かな…。
後でまた様子を見に行ってみます。


       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


「オオカミとキツネ」の2つ目のお話が完成しました。

Photo3
「羊飼いになったオオカミ」 というお話です。

ある日オオカミは、羊飼いになりすまして羊をさらおうと考えます。
羊飼いのマントを着こみ、長い杖を持って、
本物の羊飼いと牧羊犬がお昼寝をしているすきに
羊の群れに近付きます。
しかし結局正体がばれ、オオカミはマントがからまって
逃げることもできずに、とっつかまってしまいます。

教訓:悪だくみは必ずどこかで尻尾をつかまれる。

Photo4
"Le loup, le Ranard" Compagnies des Ouvrages

次はどのお話にしようかな(^ ^)

« イニシャル・ステッチの枕カバー | トップページ | お待ちしてましたm(_ _)m »

コメント

こんばんはchick
こちらも 朝夕はすっかり秋の空気になりました。
少し前、皇居のお堀の水が 猛暑と雨が降らない故に 茶色になっている・・とテレビで見ました。
雨が降ると 空気が澄む気がしますね。。特に暑い時にはrain

!! スズメバチ !
蜜蜂たち 大丈夫かなsweat01
以前読んだ 吉村昭さんの「蜜蜂乱舞」で、スズメバチに巣を襲われた蜜蜂たちは巣を守るために やられてもやられてもスズメバチに挑んで行き、しまいには皆で折り重なるようにスズメバチを覆い隠してしまう・・という場面があったのですが。。布団蒸し攻撃は そんな様子なのでしょうか?
がんばって 蜜蜂さんたち(祈)

オオカミさん、、羊飼いになりすましていたんですねbearing
教訓 納得です。。

次のお話しも楽しみですhappy01
 

新しいストーリーが登場ですね(^^)
一つ一つにストーリーがあって、
この作品は、刺してるYuponさんも一回毎にリフレッシュしながら
刺せるし、見てるほうもストーリーが楽しめて良いですよね♪

スズメバチはやはりミツバチにとっても恐ろしい相手なのですね。
布団蒸し攻撃って、どんなのだろうって
私も興味持っちゃいました(^^)
がんばれ~、ミツバチ。

ピヨハチさま

こんにちはnote
本当に「恵みの雨」でしたねshine
都心の方はたくさん降り過ぎて、冠水で大変だったようだけどsweat02
朝晩はすっかり涼しくなって、うっかり風邪をひきそうなくらいです。
ようやく秋らしくなりましたねconfident

そう、それが布団蒸し攻撃です!
(あ、これは正式名称ではないので、念のため)
ミツバチの体はスズメバチより高温に強いので、
皆でスズメバチを覆うとブルブル体を震わせて体温を上げ、
蒸し殺してしまうんですよ。
人間が高熱を出して、風邪のウィルスを殺すのと同じですね。
今朝様子を見に行ったら、ミツバチたちはまだ巣の外で
警戒を続けていたけれど、スズメバチの姿はありませんでした。
なんとか頑張ってほしいです。

オオカミの扮装、明らかに無理がありますよね。
そりゃばれるでしょhappy02

Jujuさま

それぞれのモチーフが完結してるので、
ひとつ刺し終えるとプチ達成感です(^ ^)
ラ・フォンテーヌのこともだいぶ調べたし、
よい勉強になりました。

↑でも書きましたが、布団蒸しは
スズメバチが高温に弱いことを利用した撃退法です。
ニホンミツバチはスズメバチにみっしりたかって
体を覆い尽くすと、自らの体を震わせて体温を上げ、
中のスズメバチを蒸し殺します。
セイヨウミツバチはこの対抗手段を持っていないので、
まともに1匹づつスズメバチに向かっていて、
皆やられてしまうんだそう。

ミツバチたち、せめて来年の春までは
ここで暮らせるといいんですけど。

Yuponさんのお庭、いろんな事件が起きますね(蝉が鳥に襲われた
ときは、死体の無い殺人事件のようだった^^;)
布団蒸し攻撃、すごいネーミングだけど、ミツバチにも必殺技が
あるんですね。
スズメバチをやっつけることができるなんてすごいわ。

ラ・フォンテーヌのステッチ、面白いですね(^^)
オオカミって西洋では悪者キャラなんでしょうかね。
赤頭巾ちゃんでも変身して悪いことやってましたよね(^^;)


Atsukoさま

本当に色々起きますねぇ。
プチ野生の王国(^ ^;)
天敵との関係って面白いですね。
長~い時間をかけて、対抗手段を身につけてきたんでしょうね。
ただ、布団蒸しはスズメバチが単独で来たときに有効な方法で、
集団で襲われたら巣を放棄するしかないでしょう。
どうなるかなぁ…( ´・ω・`)

オオカミとキツネは、どうも悪役が多いみたいですね。
そういえば赤頭巾ちゃんでも、
無理なコスプレをしてましたね(*^m^)
大抵はこのお話のように最後に報いを受けますが、
「そ、そんなぁ…」と言いたくなるような
怖いお話も出てきますよ。

ふふ、オオカミさん、一目で変装がばれちゃいそう(^^)
でも余計なひと言を言ってしまうから、正体がばれて
しまうのでしたっけ? 
あれ? 赤ずきんちゃんと混同しているかな…

スズメバチとミツバチのその後、気になります。
こんなにちっちゃいミツバチさんたちが必死で巨大なスズメバチを相手に戦うのかと思うと、ミツバチに肩入れしたくなっちゃう。
それにしても、ニホンミツバチの布団蒸し攻撃、想像するだにすさまじいです。
以前見た映像では、セイヨウミツバチの群れが、まるで押しくらまんじゅうでもしているかのように、ぎゅうぎゅうと一匹のスズメバチを窒息させていました(スクラムなんとか…って言うんだったと思うけれど…失念(^_^;)。
やはりタッグを組んだ攻撃方法ですごいなあって感心したけれど…
もし自分がスズメバチだったらと思うと…いやだ(苦笑)

binbirdさま

この扮装で「いける!」と思っちゃったオオカミさんは、
だいぶ能天気のようですね(*^m^)
でも、そうなんです、なぜか見た目ではなく
声で正体がばれるんですよね。
羊たちを連れ出すために、
羊飼いの声音をまねて呼びかけたつもりが、
口から出たのはオオカミの吠え声だったというわけです。

ミツバチたち、今のところ変わりないようです。
十数匹が穴の周りで警戒にあたり、
他のハチたちは盛んに出入りして、蜜を運んでいる様子。
スズメバチの姿は見られませんでした。

セイヨウミツバチも蜂球を作ってスズメバチを
退治するということ、初めて聞きました。
ちょっと調べてみたら、「窒息スクラム」というんですね!
セイヨウミツバチは熱に弱いため、内部温度を
上げるのではなく、スズメバチのお腹を圧迫して呼吸できなく
するということ、1匹殺すのに1時間位かかり、
ニホンミツバチの熱殺と比べてだいぶ効率が
悪いことなどがわかりました。
広く一般的に見られる行動かどうかはよくわからなかったけど、
スズメバチに捕食されることでセイヨウミツバチの野生化に
歯止めがかかっているわけで…。
対抗策を身につけられると、
ちょっと困ったことになるんですよ~(・_・;)
binbirdさん、貴重な情報ありがとうございましたo(_ _)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イニシャル・ステッチの枕カバー | トップページ | お待ちしてましたm(_ _)m »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ