« 鳥たちの木 1 | トップページ | 鳥たちの木 2 »

リバティーのカードケース

今日、関東が梅雨入りしました。
くせっ毛剛毛の私にとっては、ユウウツな季節の始まりです(-"-;)

旅から帰ってから庭の花を載せていませんでしたが、
たくさん咲いたので見てくださいね♪

Photo1
野生のヤマアジサイ。
白い装飾花が、時間がたつと次第に赤く染まってきます。
何食わぬ顔で紛れ込んでいるドクダミが1輪(*^m^)
そこら中に繁茂して、抜いても抜いても減らない
厄介もののドクダミですが、花はかわいいんですよね。

Photo2
ヤマアジサイの一品種、七段花。
淡い紫色の装飾花が八重になっていて、愛らしいアジサイです。

Photo3
これも野草で、タツナミソウ(立浪草)
名前の通り、打ち寄せる波頭のような花です。

Photo4
お気に入りの巨大ギボウシ、フランシスウイリアムズの前で咲く
アスチルベ(左。「明日散るべ」と変換されました。ガ~ン)と
キョウガノコ(右。京鹿子)

Photo5
ふわふわもこもこ♪

Photo6
これはアスチルベの親戚で、野生のアカショウマ(赤升麻)
薮の中にひっそりと咲いています。
風に揺れる涼しげな花がけっこう好き。

Photo7
マツモトセンノウ(松本仙翁)
茶花的な渋い花がほとんどのうちの庭で、例外的な色鮮やかさ。
というか日本の野草の中でも、こんなに鮮やかな朱赤の花は
この仲間ぐらいかも。
ぱっと目を引きます。

Photo8
レッドカラントも色付きました。
5年くらい前から育てているけれど、
いまいち環境に合わないようで収穫が一向に増えず…
ぐいのみ1杯くらい?( ̄▽ ̄;)
ジャムの夢はあきらめ、朝食のヨーグルトに
ぱらぱらっと入れています。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

これは3年前に作ったもので、ステッチものでもないんですが…。

Photo9
リネンとリバティーの生地をパッチワークして作った
カードケースです。
小さな貝ボタンでとめるようにしました。
キルト芯の処理が下手だったので、
角がかっこ悪くなっちゃった(汗)

Photo10
中には市販の薄いカードケースを入れて。
ポケットは小花柄のハーフリネン。

2つ作って、1つは母にプレゼントしました。
母は洋裁を仕事にしているけれど、自分のものには徹底して
手をかけない人なので(典型的紺屋の白袴)、
こういうちょっとしたものを作ってあげると
とても喜んでくれるんです(*^ ^*)

最近、仕立てものは滅多に作らなくなっちゃったけど、
たまにはミシンのご機嫌伺いもしないといけませんね。

« 鳥たちの木 1 | トップページ | 鳥たちの木 2 »

コメント

こんばんはchick
・・同じく 梅雨時期の髪の膨張には、、悩まされます・・前髪は額の汗で軽くくるくるして 短めになりますcoldsweats01

お花、きれいですねshine
七段花、紙細工みたいですね!色もすてきです。
立浪草は ほんとに浪頭の形!
北斎の浪の画が頭に浮かびましたfuji
レッドカラントは。。スグリと同じですか?
子供の頃、お隣の家にあって、よく食べてた記憶が。 朝のヨーグルトに このきれいな色の実~ すてきな朝です~catface

お母さま 洋裁をお仕事にされていらっしゃるんですね!
私、洋裁・和裁のできる事、憧れなのです。
しかも プロフェッショナルshine
Yuponさん作 カードケース 素敵ですheart
喜んでもらえるの、何より嬉しいですねhappy01
 

猫毛の私もこの季節は憂鬱です(- -;)
お庭の花、淡い色のお花が多いですね。
アスチルベって初めて見ましたけど、
淡いピンクが綺麗ですね。
フワフワした花姿も可愛い♪(^^)
生のレッドカラントって食べたことがありませんが、
酸っぱいのでしょうか?

リバティ、まだ使ったことがありませんが、
花模様と綺麗な色合いに惹かれます。
私は布小物は全然作らないのですが、
作品を拝見すると良いな~と思ってしまいます。
貝ボタンが可愛いですね(^^)

ピヨハチ様

こんにちはnote
ピヨハチさんもですか~heart
湿っぽい日はボワワワ~ンとなっちゃうんですよね。
テレビでくせっ毛大変そうな芸能人を見ると
(SMAPの稲垣クンとかスガシカオとか)、
勝手に親近感を覚えてしまいますsmile

北斎の画って、富士山をバックに浪がどど~んと描かれているのでしょ?wave
わかります~!
レッドカラントは日本名フサスグリです。
スグリの仲間は涼しいところが好きなようなので、
長野ならきっと元気に実をつけるでしょうね。
そのまま食べるの、酸っぱくなかった?

母は本当はもう引退したんですけど、
どうしても母でないと、という方がひとりいらっしゃるそうで、
今でもたまに作っています。
若いころは中学・高校のセーラー服の注文が集中する
3月は大忙しで、家族総出でしつけ取りなどを手伝いました。
母へのプレゼントは、親バカも手伝って
何でもすごく喜んでくれるので、作り甲斐がありますbleah

Atsuko様

猫毛の人も湿気は大変だそうですね(^ ^;)
私は、最近はもう帽子をかぶって
ごまかしちゃうことが多いです。

パンジーとかペチュニアとか、
カラフルな花を庭に植えてみたこともあったんですけど、
どうも日照不足と加湿で上手くいかなくって。
自然と山野草系の丈夫な花が多くなりました。
アスチルベ、色のバリエーションはけっこうあるんですが、
いちごミルクみたいなこの色がかわいらしくて
気に入っています♪
レッドカラントは、そのまま食べると酸っぱくて、
ちょっと渋いです。

以前はきんちゃくやコースターをよく作ったので、
リバティのカットクロスを買ってきて、
ちょこちょこ使っていました。
素敵な柄がたくさんあって、見ているだけで幸せ♪
この生地や貝ボタンを買ったお店、
無くなっちゃったんですよね~(T T)

私は猫っ毛なので、梅雨時期にはすぐぺったんこに
なる頭を見ては、ため息をついていました(^^ゞ
悩みそれぞれ…梅雨入りがうらめしいですよね。

でも!
いろんなお花が咲く、こんなに素敵なお庭があったら
憂鬱な梅雨の季節も、爽やかに乗り切れそう~。
趣のあるお花がたくさんですね。
ふわふわのアスチルベに一目惚れ!
親戚のアカショウマは赤くないのに赤とはこれいかに?
花の色が、赤に変化したり、葉っぱが赤くなる…とか
そういうことなのかしら。
野草には凛とした美しさがあっていいですね~。

カードケース、手作りのぬくもりが感じられて素敵。
シンプルな市販のカード入れが、可愛く変身ですね(^^)
Yuponさんの針しごと好きは、お母様の影響もあるのね、きっと(^^)。

また、Yuponさんのお庭の花をみせていただき、
バーチャルで自分でお庭を散策してる気になりました。
すがすがしいです。
「明日散るべ」には笑いました〜o(*^∇ ^*)o
よく変な変換になって一人でうける事って
ありますよね。

リバティーの花柄がとても可愛いです。
お母様も大喜びですね。
私もほし〜い!!

binbird様

binbirdさんも猫っ毛なんですね。
ごわごわクセ毛の私はちょっとうらやましく思ってしまうけど、
猫っ毛さんには猫っ毛さんの苦労があるんでしょうね(´ω`)ゞ

アカショウマの名前を調べたのはずいぶん前なので、
私自身もなんで赤なのか、すっかり忘れていました。
改めて図鑑を見てみたら、根茎が赤みを帯びて
いるんですって!これは分からないわ~(>ω<)

色とりどりの花が咲き乱れる華やかな庭に憧れたことも
あったんですけど、ヨーロッパ生まれの園芸植物は
日照不足と高温多湿で次々病気になってしまって…。
そんなときに出会ったのがイギリス人ガーデナー、
ポール・スミザーさんの本でした。
イギリスではギボウシやヤグルマソウ、シダ、ユリなど、
日本の山野草から生まれた植物が
とても人気なんですってね。
だから日本人はもっと日本の植物の魅力に目を
向けるべきだ、気候だってもともと合っているんだから、
手もかからず元気な庭になると。
また、たとえ花が少なくても、
葉っぱの色や形でバリエーションをつければ、
十分魅力的な庭になるということも教えてもらいました。
うちの庭はまだまだ理想には程遠いけど、
ポールさんの言葉を胸にがんばっています(^ ^)

母はしょっちゅうミシンを踏んでいたし、
祖母もよく編み物をしていました。
三つ子の魂百までというけれど、
そういう姿を日頃見ていたことと、
カナヘビやカエルを捕まえて遊ぶ野性児だった一面は、
今でも確実に私の中に生き続けています(^ ^)

ravensara様

庭の花を楽しんでいただけてうれしいです(*^ ^*)
実際には庭を歩くともれなく蚊の大群がついてくるので、
なかなかすがすがしい気分には
なれないんですけどね~(;´Д`A ```
でもこうして見ていただくことで、
もっとお手入れ頑張らなければという励みになります。
ほとんど無法地帯と化している傾斜地の部分を、
まずは何とかしなくっちゃ(^ ^;)

「明日散るべ」にはやられましたよ(≧m≦)
誤変換ってときどきツボにはまりますよね。

ありがとうございます♪
手作り小物にリバティーを使うと、生地の魅力で
見栄えが格段にアップするんですよね~。
最近、仕立てものにはなかなかエンジンが
かからないんだけど、またやってみようかなぁ。

Yuponさんのお庭は、四季それぞれに楽しめる花が
咲いてるんですね。
しかも、見たことない物ばかり(^^)
アスチルベなど、もこもこのが可愛い~。
頬をなでたくなってくるような感じ(^m^)

洋裁をされてるお母様へのプレゼント、いいですね。
なんだか優しい親子関係が見えてきます(^^)
こういうお仕立ての仕方もいいですね。

Juju様

うちの花は日本の山野草的なものが多いから、
そちらではあまり見かけないかもしれませんね。
アスチルベのもこもこした花、かわいいでしょう?(*^ ^*)
前に田舎の道の駅に寄ったとき、
この花が「あしつるべ」という名札をつけて売られていて、
「あは、なまってるぅ♪」と楽しくなりました。
「あしつるべ」。
どうしてもあの人の顔が浮かんでしまう…(*^m^)

母は洋裁一辺倒なので、
私が刺繍や編み物をしているのを見ると、
「そんな手間のかかること、よくやるねぇ。
根気がいいねぇ。」と言います。
私から見れば、裏地付きの洋服を作る方が
よっぽど手間なんですけどね(^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥たちの木 1 | トップページ | 鳥たちの木 2 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ