« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

FARM FRESH 2

昨日は庭一面水浸しになるほどの雨でした。
鳥(たぶんヒヨ)が雨宿りしたんでしょう、
物干し竿の下にフンがたくさん落ちていました。

最近庭に咲いた花たちです。

Photo1
オダマキ。青紫の花がさわやか。

Photo2
夫が丹精したキエビネとエビネの花壇です(^ ^)
今年は病気が発生して、花の本数が減ってしまったのが残念。

Photo3
このエビネはとてもいい香りがするんですよ(*^-^*)

Photo4
ティアレラ。
子供のころに遊んだ花火みたいな、かわいい花です。

Photo5
クマガイソウ。
(筍がじゃま…(;´д`)トホホ…)
ぷくっと袋のようになったところを、平敦盛を討った
熊谷直実の母衣(ほろ)に見立てて名付けられたそうです。
と書いていても、日本史の知識が完全に抜け落ちている私には
ピンとこないのですが…(^ ^;)

ギボウシも好きで、十数種類植えてあります。

Photo6

Photo7

葉の形、色、大きさとも数え切れないほどのバリエーションがあって、
ほとんどの品種は丈夫で手間いらず。
イギリスではPerfect Plantsと呼ばれて、とても人気があるそうです。

       。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

FARM FRESHはファミリーが全員そろって、
あともう少しでこのモチーフは完成です♪

Photo8
FARM FRESH designed by Pamela byrd Smith
(c)2003 The Prairie Schooler, Inc.

春の味覚~筍~

うちには小さいながらも竹薮があって、
毎年たくさんの筍が出ます。

Photo1

うちだけでは到底食べきれないので、
ご近所に配ったり、友人に掘りに来てもらったりと、
さばくのがけっこう大変です(^ ^;)

Photo2
これは少し前にお友達が来てくれたときの成果。
たくさん掘っていってもらえると大助かりです♪
もちろん我が家も連日筍まつり。
同じような食べ方ばかりでは飽きてしまうので、
筍レシピはずいぶん集めました。

Photo3
新じゃがやキャベツと炒めて、木の芽みそで味付けしたり…

Photo4
中華おこわに入れたり。
奥に見えるしいたけも自家製ですv(^ ^)v

Photo5
これは筍とゆずこしょうのスパゲティ。
ほかにもトマトと炒めてイタリア風にしたり、
わかめと一緒に木の芽マヨネーズであえたり…。
でも色々作っても、結局普通の筍ごはんや
おかか煮が一番好きかも( ^ω^ )

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

サモさんの山のサンプラー、クッションカバーに仕立てました~。

Photo6
SAMPLER MONTAGNE
'La Montagne au Point de Croix'
Perrete Samoiloff, Birgitte Maitret & Celine Sigautより
(c)Alfa communication & Doigts de fee

そのまんま袋にしただけで、何の工夫もありません…(汗)
裏はお見せするほどのものでもないんですが、

Photo7

何の変哲もない無地リネンです。
本当は赤のブロックチェックか何かでかわいくしたかったけど、
在庫処理を優先しました。
ファスナー付けが苦手なので、
クッションカバーはいつもこの仕立て方です。

う~、もったいなくて、もたれられない…(;;;´Д`)ゝ

大哺乳類展

昨日はお天気がよかったので、上野の国立科学博物館で開催中の
「大哺乳類展~陸のなかまたち」に行ってきました。
新聞屋さんの購読者プレゼントでチケットが当たったんです♪

Photo1

Photo2

地方の博物館やネイチャーセンターに行くと、
見るからに哀れな様子の剥製が展示されていることが
よくありますが、ここのはとてもきれいで生き生きしています。
中心になっているのは1909年生まれの日系アメリカ人、
W.T.ヨシモト氏が自ら世界中にハンティングに出掛け、
当時の最高技術で作らせた剥製たち。
ハワイの子供たちに世界の動物を見せてあげたくて、
私設博物館を建てられたそう。

Photo3
よく見るとかわいらしいバイソンちゃん。

色々な動物の毛皮に触れるコーナーもありました。
直径5cmほどの毛皮がずらっと並んでいるんですが、
あまりになでなでされ過ぎて、ほとんど円形脱毛症状態(^ ^;)
バイソンのもふもふもありましたよ。
小さなネズミやコウモリの骨格標本の、
繊細かつ精密な造形には目を奪われました。
子供向けの展示かな~と思っていましたが、
動物好きの大人も楽しめる内容でした(^ ^)
茶筒くらいの大きさがある、すごくよく見えそうなレンズで
標本を熱心に覗き込んでいる老紳士もいらっしゃいました(@ @)

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

FARM FRESH、池に浮かぶカモの親子が出てきました♪

Photo4
FARM FRESH designed by Pamela byrd Smith
(c)2003 The Prairie Schooler, Inc.

お母さんと2羽の子供たち。
水辺には堅そうな草がツンツンと生えています。
早くファミリーを勢揃いさせてあげたいです。

アジサイのカーテン 完成!

昨日は朝起きてカーテンを開けたら…

Photo1

ぎえ~~、に、庭が白い!Σ( ̄ロ ̄lll)

まったく、びっくりしちゃいますよねぇ。
もう桜の花も散った後だというのに、
今年の春はどうなっているんでしょう。
庭の花も凍えていました(> <)

Photo2
タチツボスミレ

Photo3
ムラサキサギゴケ

トカゲやカナヘビは大丈夫だったかしら…。

今日は一転して春の日射しに恵まれ、若葉が輝いていました(^ ^)

Photo4

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ステッチが終わって仕立て待ちだったものの中から、
まずはアジサイの目隠しカーテンを完成させました♪

Photo5

Photo6
'FRISES & ALPHABETS ANCIENS BICOLORES'
Veronique Maillard
(c)Editions Flammarion, Paris, 2002

花の色、本当は明るい黄緑色なんだけれど、
どうしても黄色になってしまう…( ̄  ̄;)

これまでは微妙にサイズの合わない布を
ペーパーウェイトを使ってぶら下げていたので、
見た目がだいぶすっきりしました。
ステッチし始めたのは去年の夏ごろ。
10ヶ月くらいもかかってしまいました。
でも無事完成させることができて、気分もすっきりヽ(´▽`)/
 

庭の小さな命たち

庭の一角に、斜面から染み出る水をためるための
30cm四方くらいのマスが埋めてあります。

Photo1

フキ、クレソン、セリなどが茂っています(^ ^)
先日、夫がマスにたまった落ち葉や泥をさらっていたところ、
中からこんなコが出てきましたw(゚o゚)w

Photo2

ちょっと見づらいですが、ヤゴです。
大きさは4cmくらいあったかしら。
こんなに狭いところで、よくここまで育ったものだと思います。
何を食べてるんだろう?
どんなトンボになるのかなぁ。

水辺の生き物といえば、他にも…

Photo3

庭のあちこちにこんな穴が開いています。
その主はこちら。

Photo4

サワガニちゃんです( ^ω^ )
私の田舎ではサワガニといえば赤黒いもの。
初めてここの青っぽいサワガニを見たときにはびっくりしました。
これでも揚げたら赤くなるのかな?
もちろん捕って食べたりはしませんが(^ ^;)

        .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

昨日は久しぶりに都心に出る用事があったので、
ついでにちょっと寄り道してきました♪
まずは神保町のアートブックショップへ。
ここはフランスのステッチ本が充実していて、
実物を確認して買える貴重な場所です。

Photo5

シールがかわいい♪
お店の看板と同じデザインです。

Photo6

この本、雑誌や通販サイトで表紙を見ただけでは
あまりそそられなかったのですが、
実際に中を見てみたら、小さなお家や動物たちの
素朴なデザインが満載。
ちょっととぼけたかわいさが、がっちりツボにはまりました。
赤や焦げ茶のリネンに秋の風景をステッチしたものが特に好き。

次に渋谷の東急本店に入っているヤマナシヘムスロイドへ。
小さなベルプルのキットが欲しかったのですが、
お目当てのものはなく…。
表参道のお店に行けばよかったかなぁ。
赤い花糸だけ買いました。

Photo7

花糸を実際に手にするのは初めて。
ほわっと毛羽立っていて、暖かい感じですね(´▽`) 

そして今日は、アマゾンからこれが届きました~。

Photo8

目次を読んだだけで、不覚にも涙が…(;ω;)
しばらくはステッチが進まないかも。

FARM FRESH 1

Photo1

タイツリソウ(鯛釣り草)が咲きました。
ケマンソウともいいますが、この名前の方がかわいくて好き♪

Photo2

大漁ですね(^ ^)
英名はBleeding Heart。
ちょっと怖いけど、見事に言い表しています。

Photo3

色んな植物が勢いよく若葉を伸ばして、

Photo4

庭中が緑に覆われましたo(*^▽^*)o

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

イースターが過ぎてから刺し始めた(^ ^;)
Prairie Schoolerのたまごのオーナメント、
まずはひとつ目のウサギさんが完成しました♪

Photo5
FARM FRESH designed by Pamela byrd Smith
(c)2003 The Prairie Schooler, Inc.

生真面目な表情でカゴを背負う、
この佇まいが何とも言えず好きです(≧∇≦)

鳥拓

チューリップが咲きました♪

Photo2

今日はお天気がよくて暖かくなったので、いきなり全開(^ ^;)
ピンクと黄色のツートンカラーで、うちの庭では派手な部類ですが、
これでも原種系なんです。

こちらはクロモジ(黒文字)の花。

Photo1

高級爪楊枝になる木です(^ ^)
とても小さな花ですが、新芽の襟飾りみたいな咲き方がかわいくて、
毎年楽しみにしています。

          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

また窓に鳥がぶつかってしまったようです(T T)

Photo3

胸の辺りから翼の先まで30cmはあります。
キジバトさんかしら?

Photo4

痛かったかなぁ。
それにしても、窓掃除するのが惜しくなるほど
見事に型がついてます(^ ^;)

ときどき庭にやってくるコゲラちゃん。

Photo5

日本で一番小さなキツツキで、
建て付けの悪い扉がきしるような「ギー」という声で鳴きます。
木から木へ飛び移りながら、熱心に虫を探して食べていました。
これは以前コゲラが掘った穴。

Photo6

ひざくらいの高さしかない切り株で、
「えぇっ、こんなところでいいの?」とびっくりしたんですが、
やっぱり少し掘っただけでやめてしまいました。
こういうのって、本番前の腕試しなのかしら?
また掘りに来てくれないかなぁ(´▽`)

山のサンプラー 完成!

実家近くの桜の公園、まだきれいに咲いていました。

Photo1

ヒヨドリが桜の蜜を吸っていました。

Photo2

ソメイヨシノの圧倒的な存在感もいいけれど、
山桜が点々と咲く風景も好きです。

Photo3

園内ではオリエンテーリングの無料体験実施中。
母が「やりたい」と言い出して、30年位ぶりに挑戦。
といってもタイムを競うわけではなかったので、
簡単な地図を見ながらのんびりと7つのポイントを回って、
参加賞のミッキーマウスの小物入れをもらいました。
日頃運動不足の身にはいいウォーキングにもなったし、
楽しいお花見でした(^ ^)

そして東京に帰ってきたら、
お隣の公園の桜も散らずに待っていてくれました。

Photo4

窓の外いっぱいに広がる満開の桜。
風が吹くと花びらがはらはらと舞い落ちて、いい雰囲気です。

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

実家にいる間ステッチに励んだおかげで、
山のサンプラーが完成しました♪

Photo5

Photo6
SAMPLER MONTAGNE
'La Montagne au Point de Croix'
Perrete Samoiloff, Birgitte Maitret & Celine Sigautより
(c)Alfa communication & Doigts de fee

塔のある建物と、雪の結晶のようなモチーフを新たに刺しました。
このチャートはひとつひとつのモチーフもかわいいし、
デザイン全体のバランスもよくて、
最後まで楽しく刺すことが出来ました。
これはクッションカバーに仕立てる予定です。

そして、長らく放置状態だったアジサイのボーダーも
終わらせました~ヽ(´▽`)/

Photo7
急いで撮ったら写真さかさま(;´Д`A ```

収納ボックスの目隠しカーテン用に刺しました。
全長86cm。果てしない長さでした…(T▽T)
これで晴れ晴れとした気持ちでPrairie Schoolerに打ち込めます♪
あ、でも仕立てもさっさとしないとね(>ω<)ゞ

ちょっとお休み

明日から1週間ほど実家に行ってくることになりました。
ブログはちょっとの間、お休みしますm(_ _)m

山のサンプラーはあとちょっとなので、
向こうにいる間に完成できるでしょう。
そして次に取りかかる作品は、色々迷いましたが、
Prairie Schoolerの卵のオーナメントに決めました!
って、イースターはあさってなんですけど(爆)
もともと我が家には縁のない行事なので、
ここは単なる動物柄の飾りものととらえて、
日にちのことは気にせずに進めていきたいと思います(;;^ ^)ゞ
「JUST HATCHED」と「FARM FRESH」から
それぞれ2モチーフずつ刺すつもりです。

Photo1

満開を楽しみにしていたお隣の桜、あと一歩というところです。
実家の方ではもう散り始めているというし、
今年は花盛りの桜を見ることができないかも…(T T)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ