« No Man's Land展 | トップページ | 大掃除とクリスマス・オーナメント »

赤い実のテーブルクロス

今年のモミジは、色が深まりませんでした。

Photo1

黄色や橙色のまま、どんどん散っていってしまいます。
いつもは庭が燃えるように真っ赤になるのに、残念(´・ω・`)

これは2年くらい前に作ったリネンのテーブルクロスです。

Photo2

ミシンかけは極力少なく!がモットーなので、
耳はそのまま利用(≧∇≦)
耳の色に合わせて、ナナカマドのような
赤い実をステッチしました。

Photo3
'Bordures & FRISES FLEURIES'  Valerie Lejeuneより

一見、目の数えやすそうな生地でしたが、
実際刺してみたら織りがとても詰まっていて、
すごく大変でした。
針が通りづらくて、肩コリコリ(;´д`)
本当はもう少し長く刺繍するつもりでしたが、ここで挫折。

うちにはこぼし屋がいるので、
このクロスはお客様専用です。
ついこの前もお気に入りのクロスに
赤ワインを思いっきりこぼされて、
血の気が引きましたΣ( ̄ロ ̄lll)
すぐに漂白したらきれいに落ちてくれましたけど。
刺繍糸は酸素系漂白剤に耐えられるかしら?
ちょっと無理そうですよねぇ。

« No Man's Land展 | トップページ | 大掃除とクリスマス・オーナメント »

コメント

シンプル・素朴・ナチュラルとこれらの言葉にぴったりな
作品ですね(^^)すごく素敵です~。

こぼし屋=ご主人ですね。( ̄ー ̄)ニヤリ
赤ワインをこぼされて、本当お顔真っ青だったと想像します。

刺繍糸は、酸素系漂白剤に耐えれるのかな?
一度、要らない短く残った糸をキープして、それらを
試してみてはどうでしょう?

Juju様

ワインを開けようとして、
コルクをびんの中に押し込んじゃったんですよ~。
淡いベージュのチェックのリネンクロスが、
それはそれは見事な赤紫の水玉模様になりました。
落ちたからよかったけど、やってくれますよ(;´д`)トホホ…

そっか、糸の切れ端で試してみればいいんですね(゚▽゚*)
ま、漂白を必要とする事態が起こらないことが
一番なんですけどね。

刺繍入りのテーブルクロス、素敵ですね(^^)
素敵なテーブルクロスがあると、「今日は特別な日」という雰囲気を演出できますね。
よく布巾の煮沸消毒って聞きますけど、あれもどうなんでしょうね?
DMCの刺繍糸は耐熱温度が95度になっていました。
これって煮沸は無理ということになりますよね。

こんばんはchick
赤い実の刺繍 かわいいですheart
刺繍をしたクロスをテーブルにshine
食事やお茶が楽しくなりそうconfident 
耳の赤いラインがとても合ってて、更に可愛いですcherry

Atsuko様

DMCの耐熱温度は95度ですか。
微妙な温度ですね~(´・ω・`)
布巾にもちょこっと刺繍して使っていますが、
熱消毒の意味も込めて高温のアイロンをがんがんかけてます。
洗濯板でゴシゴシ洗うし(^ ^;)
布巾は消耗品と割り切って使っています。
そんな手荒な扱いでも、ほつれたり
擦り切れたりしたことはありませんよ。

ピヨハチ様

刺繍したクロスだと、ちょっと気持ちが上がりますup
自己満足ですけどねcatface
リネンの耳って、赤や青のラインが入っていたり、
フリンジみたいになっていたりして、
けっこうかわいいんですよnote
って、手抜きのいいわけ!happy02

赤い実のテーブルクロス、かわいいですね。
特別な日にかけるなんてすてきです。
うちはこぼし屋(男ども)が沢山いるので
テーブルクロスは使ってません。
優雅にテーブルクロスをかけるの夢なんですよね。
いいなheart01

ravensara様

あは、ravensaraさんのところの男性陣も
こぼし屋さんですか!happy02
よく手作り系インテリア雑誌などに、
「リネンのクロスをかけておけば、こぼしても安心heart01」なんて
書いてあるけど、うっそだ~と思ってしまいます。
「今日は危ないな」という日(カレーうどんとか)は、
クロスはなしですwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« No Man's Land展 | トップページ | 大掃除とクリスマス・オーナメント »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ