« 小さなステッチ入りきんちゃく | トップページ | ジャパンバードフェルティバル、こぎん刺しポーチ »

BUTTON UP 3、りんごのジュレ

りんごのジュレを作りました。
りんごから煮出したエキスだけで作る、透明なジャムです。

Photo1

時間も手間もかかる作業だけれど、このきれいな色を見ると、
「あぁ、今年も作ってよかったな~」と思うんです(^ ^)
初めて作ったときは「こんなんで本当に固まるのかしら?」と
半信半疑で、とても不安でした。
びんに詰めるときにはサラサラだったジュレが、
冷えてプルンプルンになっているのを見て、
感動しました~ヽ(´▽`)/

Photo2

こし取った果肉のほうも、レーズンとシナモンで風味を加えて、
ジャムに仕上げます。

BUTTON UP、1つ目の図案がほぼ出来上がりました。

Photo3

雪があとちょっと…。
白いリネンに白い糸で刺すのは思った以上に大変で、
苦戦しています。
布目が見づらくて、目がショボショボします~(*_*)

« 小さなステッチ入りきんちゃく | トップページ | ジャパンバードフェルティバル、こぎん刺しポーチ »

コメント

リンゴのジュレ、美味しそうですね。
一口いただきたいhappy01

クロス、完成おめでとうございます。
子供がばたばたしてる感じが
とてもかわいいです。
白糸刺すの大変そうですね。
ご苦労様。拍手!拍手!です。

ジュレのレシピをクックパッドで調べたら、
「種の周りのペクチンが重要なので芯は全部入れる事」と
ありました。
こんな芯の活用法があるなんて初めて知りました。
それにしても美味しそうですね~
焼きたてのスコーンと一緒にいただいてみたいです(^^)

ravensara様

ありがとうございます(^ ^)
このチャートは一つ一つの絵がとてもかわいいので、
刺していて楽しいです。
この図案、私も子供が雪の上でばたばた転げて
遊んでいるのかと思っていたんですが、
「Snow Angel」といって、
雪の上に天使の羽を描いているんだそうです。
YukkiさんとJujuさんに教えていただきました。
ロマンチックですね~(´▽`)

少しずつ老眼が忍び寄っている感じで、
いつまでリネンに刺せるか、ちょっぴり不安です(^ ^;

Atsuko様

私が持っているレシピでも、
ヘタとおしりの所をちょっと取り除くだけで、
芯はそのまま煮込みます。
特に理由も考えずにそうしていたけど、
ペクチンが多く含まれているからなんですね。
勉強になりました(^ ^)
焼きたてのスコーン、いいですね~。
スコーンは作ったことないけど、
挑戦してみようかしら。
うちではヨーグルトにかけて食べるのが定番です(^ ^)

こんばんはhappy01
きれいな色ですね。透明なジュレのジャム 初めて知りましたshine
小鳥の自作チャート 可愛すぎます~lovely
小さなチャートの中で、小鳥の特徴を表現する・・素敵ですchick
きんちゃく袋の刺繍と、ちらりとのぞく中袋の布の組合せも、お祝いのクッションも・・素敵な刺繍たくさんで、テンションあがっておりますnotes(ちょっと興奮まじりで、乱文すみませんcoldsweats01
きんちゃくの中袋がだぶついてしまうのは、私も悩みの種で。。どうしたら「すっきり、きっちり」収まるのかな・・と、悩んだまま、また見切り発車でだぶついたり、引きつったり してますcoldsweats01

ピヨハチ様

おいでいただいて、ありがとうございます(^ ^)
小鳥のチャート、少しずつ種類を増やしていきたいと思っています。
でも、少ない目数の中でどう特徴を出すか
けっこう難しくて、苦戦してます(;´Д`A ```
新しいのができたら、また見てくださいね。

きんちゃくの中袋って、
やっぱりぴたっと作るのは難しいですよね。
私だけじゃないとわかって、
ちょっとほっとしました~(^ ^;
たくさん作れば、だんだんコツがつかめるのかしら…。

ピヨハチさんのブログ、リンクさせてくださいね。
これからもよろしくお願いします(^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さなステッチ入りきんちゃく | トップページ | ジャパンバードフェルティバル、こぎん刺しポーチ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ